Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

桜仙峡・池田町(陸郷)

4月も下旬というのに寒い日が続きます。
山一面に咲く山桜の撮影にきた池田町・陸郷の朝の気温は0℃でした。
その後、安曇野市(旧三郷村)小倉ではしだれ桜を撮影中に雪がちらつきました。
移動中に高ボッチを見上げると、稜線が白く輝いています。正午前で期待薄でしたが、急いで駆け上がりました。そこには白く輝く絶景が広がっていました。


それにしても稀に見る季節外れの冷え込みです。
マスコミはじめ人々は「異常気象」といいます。確かに例年とは違うので異常なのかも知れませんが、自然の摂理からいえば、自然界はいつも不安定なものです。何年かに一度そんなことがあっても不思議ではないと思います。人類が超高度文明を創りだしたここ一世紀において地球は悲鳴を上げているかも知れません。しかし、それが全ての原因と押しつけるのはどうかと思います。

お陰で桜前線は足踏みをしてくれたようです。
今年のGWは思い切って東北まで追いかけることが可能かもしれません。

e0056449_1925263.jpg

【池田町陸郷】山霧が情景を創りだしてくれた。
e0056449_19255198.jpg

【安曇野市堀金】雲が多く常念岳を背景にしたカットは撮れなかった。
e0056449_19283331.jpg

【安曇野市三郷】撮影中にも雪が舞う。背景の山は中腹より積雪となっていた。
e0056449_19294855.jpg

【松本市中山】ひっそりとした雰囲気に桜が彩りをそえていた。
e0056449_1933261.jpg

【塩尻市高ボッチ高原】春というのに霧氷の芸術が広がっていた。
e0056449_1935464.jpg

【朝日村光輪寺】太い枝が折れたようで左側中心の枝ぶりとなっていた。それでも美しさを醸し出していた。
by crewcs77 | 2010-04-24 19:04 | 風景