Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

無邪気な“ぽん太”

e0056449_20403661.jpg

留守する日中、ぽん太はひたすらケージで寝ていますが、日中以外はできるだけケージの外に出すようにしています。
ケージから出すと嬉しそうにシッポを振りながら、リビングや台所の探検が始まります。

部屋の中ではふー太がウロウロするぽん太を心配そうに見ています。
デッキに出すと、ぽん太がふー太の後をついて廻り、ふー太の尻や胴体にとびかかり、冷や冷やさせられる場面が。
その都度、ふー太はぽん太の耳元を噛むようなしぐさや短い前足でぽん太を押さえつけようとします。ふー太の前足がでると、ぽん太は腹をだして服従の態勢をとります。

飼い主としては先住犬優先の姿勢をとっていますが、最終的には犬同士が決めることになるでしょう。

まだ社会性のついていないぽん太に邪気はなく、恰好の相手であるふー太と遊びたいのでしょうが、ときにはふー太に刃向うようなリアクションがあり、度胸満点のヤンチャぶりを発揮しています。

1歳と4ヵ月になり、ようやく落ち着きだしたふー太。
ぽん太とのやりとりを見ていると、兄貴としての自覚も芽生えているようですが、さて、この先どうなるのものか?
by crewcs77 | 2013-02-09 20:41 | 我が家のペットたち