Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

カテゴリ:動物( 68 )

純白の輝き

e0056449_2174974.jpg

最終日、嵐の翌日(24日)は時間とともに青空が広がり絶好の撮影日となりました。
が、許された時間は午前11時まで。
名残り惜しく鶴居を去り釧路空港に向かいました。
e0056449_21102041.jpg
e0056449_21102965.jpg
e0056449_21104362.jpg
e0056449_21104985.jpg
e0056449_21105647.jpg

by crewcs77 | 2015-01-27 21:11 | 動物

風雪の舞い/北海道鶴居村

e0056449_20502540.jpg

暴雨雪の中でも冬の日常を過ごすタンチョウ。
前日(22日)の夕方から降り始めた雪はこの日(23日)も暴風を伴い1日中降り続けました。
このような条件の中で撮影できたことは貴重で幸運でした。
e0056449_20563888.jpg
e0056449_20564810.jpg
e0056449_2056594.jpg
e0056449_205751.jpg
e0056449_20571169.jpg

by crewcs77 | 2015-01-27 20:57 | 動物

風雪の給餌場/北海道鶴居村

e0056449_20362749.jpg

e0056449_20382246.jpg

e0056449_20385311.jpg
e0056449_20391740.jpg
e0056449_203935100.jpg
e0056449_20394377.jpg

e0056449_20423216.jpg

by crewcs77 | 2015-01-27 20:40 | 動物

風雪の中で(幼鳥)/北海道鶴居村

e0056449_14215340.jpg

1月23日の道東は急速に発達した台風並の低気圧の影響で暴風雪警報が発令されました。
朝の音羽橋は断念し、10時頃からサンクチュアリで撮影を行いました。
風雪強く、焦点が雪にとられるためにシングルポイントモードでの撮影となりました。
いつもは幼鳥を極力避けて撮影していますが、風雪のタイミングや幼鳥の微笑ましい挙動など暴雨風の中で辛抱強く撮影しました。
この幼鳥たちも3月になれば親から突き放され(子別れ)、厳しい環境中で自立していくことになります。
e0056449_1426798.jpg
e0056449_14261953.jpg
e0056449_14263346.jpg

by crewcs77 | 2015-01-27 14:26 | 動物

麗姿・タンチョウ~飛翔2(青天編)/北海道鶴居村

e0056449_22584727.jpg

1月21日と最終日の24日は好転に恵まれ青空を飛翔するシーン(青天)の撮影ができました。
e0056449_2313595.jpg

e0056449_2353888.jpg
e0056449_236074.jpg
e0056449_236682.jpg
e0056449_2361484.jpg
e0056449_2362430.jpg

by crewcs77 | 2015-01-26 23:06 | 動物

麗姿・タンチョウ~飛翔-1/北海道鶴居村

e0056449_21491027.jpg

1月20日撮影の飛翔シーン
14時半頃、伊藤サンクチュアリのタンチョウが大空に一斉に舞い上がりました。
e0056449_21543136.jpg

e0056449_21545145.jpg
e0056449_2155267.jpg
e0056449_21552475.jpg
e0056449_21553181.jpg
e0056449_21553860.jpg

by crewcs77 | 2015-01-26 21:57 | 動物

精悍・オオワシ/北海道根室市

e0056449_2021129.jpg

結氷した湖面に餌を求めて群がるオオワシ。
冬の道東ならではの撮影が堪能できました。
e0056449_2022523.jpg

対峙している姿を下から見つめる幼鳥たちが微笑ましい。
e0056449_2044674.jpg

幼鳥たちは決闘?それともじゃれ合い?
e0056449_2055455.jpg

e0056449_2061237.jpg

by crewcs77 | 2015-01-26 00:33 | 動物

鶴居撮影合宿旅程記(最終日)

冷え込みが乏しく朝の音羽橋は期待できませんでしたが、とりあえず撮影にでかけました。
先回のイメージのリベンジです。気嵐のないのでブルーの時間帯に川面の流れだけを狙うことにしました。
e0056449_14552686.jpg

日の出前、水面が僅かに彩りました。橋の近くの岸辺が風景的に美しく、「ここにタンチョウがきてくれれば・・・」と願い込めていました。念じれば通じる!まさか、こんな橋の近くまで来てくれるとは思いもしませんでした。
e0056449_150121.jpg

5日目最終日は好天となりました。時間とともに綺麗な青空が広がり、時折、風花が光に輝く光景がありました。
e0056449_1525119.jpg

e0056449_153479.jpg

e0056449_1555334.jpg

11時に撮影を切り上げ、昼食を済ませて釧路空港に向かいました。
JL1146 釧路14:25-16:15羽田
襟裳岬を眼下に名残り惜しく北海道を後に。
e0056449_15162843.jpg

羽田で約3時間の暇つぶしをして、
JL0149 羽田19:30-20:35中部
で帰路につきました。
JL0149便は羽田を離陸後、左に東京都心の夜景を見渡しながら東へ進路をとり、浦安上空あたりから左先回して、再び東京都心上空を飛行するというルートです。
このルートをはじめから知っていれば一眼レフで撮影したのですが、生憎カメラはバックの中。がっかり。
by crewcs77 | 2015-01-24 18:00 | 動物

鶴居撮影合宿旅程記録(4)

昨夕から雪が降り続け、積雪は10cm以上。加えて暴風となり外は地吹雪状態になっています。
音羽橋の撮影はやめて、朝からまったりと温泉を愉しむことができました。
強い風雪ながら視界が得られる状況でしたので、初動は伊藤サンクチュアリで飛来するタンチョウを待つことにしました。暴風雪とはいえ、これだけの機会が得られるのも稀であり絶好の撮影チャンスです。
e0056449_143766.jpg

e0056449_1439141.jpg
e0056449_14412312.jpg

e0056449_14425065.jpg

by crewcs77 | 2015-01-23 18:00 | 動物

鶴居撮影合宿旅程記(3)

低気圧の影響により朝から曇天の空。
とりあえず音羽橋に向かうが気嵐もなく、写欲が沸かずにブルーの情景だけを撮影。
ズームレンズに替えてスローシャッターで水の流れを撮れば良かったと思うものの、レンズの付け替えも面倒でその発想は翌日に持ち越すことにしました。
e0056449_13595687.jpg

この日の天気予報は曇り、翌日の予報は暴風雪。
タンチョウ撮影を休止して、根室方面へ出かけることにしました。
e0056449_147323.jpg

e0056449_1474761.jpg

風蓮湖で昼食を済ませ、次なる目的地、野付半島に移動しました。
電柱やテトラポットにオジロワシやオオワシが羽根を休めているものの氷原のエゾジカを中心に撮影しました。
e0056449_1411309.jpg

鶴居村までの復路、標茶あたりから本格的な雪に。
帰宿後、ニュースでは低気圧が急速に発達し厳重な警戒が必要と呼びかけてました。
明日はどうなることやら・・・。
by crewcs77 | 2015-01-22 18:00 | 動物