Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年ファイナル

この日も午前5時に起床。5時半にホテルを出発して朝の定番撮影地である雪裡川「音羽橋」へ向かう。薄暗い中、三脚を立てて場所を確保する。この時間帯でも中心部は先客の三脚で覆い尽くされていた。その数ざっと60本。あたりが明るくなりはじめた6時半頃、川の中で鶴が動き始めた。僅かであるが気嵐が発生する。ここでの撮影レンズは最低でも600ミリは必要である。サンニッパーに×2テレコンを装着しているのでブレには細心の注意を要する。それとカメラの防寒対策。この日の気温はマイナス15℃。D100とD2Xを併用して比較したが、D100はマイナス10℃ぐらい機能不全に陥る。一方、D2Xは吐く息でボディーが白く凍ってもびくともしな
い。耐寒性の違いが一目瞭然だった。
音羽橋での撮影後、ホテルへ戻り朝食を済ませる。その後、鶴見台の様子を見に行く。午前9時頃で沢山の鶴が集まっている。なかなか思うようなアングルが望めない。青空が美しかったので時折飛び立っていく飛翔シーンを中心に撮影した。ここではあまり長居をせず、サンクチュアリーに戻り、少しだけ撮影をする。その後、車を走らせ達古武湖へ移動した。7月に出会った北きつねに会いたくて様子を見に行った。しかし、足跡さえなく、近くには車に轢かれただろうエゾシカの死体に群がるカラスしかいなかった。残念だが、ついでなので釧路湿原細岡展望台に寄り、数カットの撮影を済ました。帰路、トイレついでに塘路駅に立ち寄る。先回もそうであるが、ここで飲むコーヒーは美味しく感じる。
再び鶴居村に戻り、夕暮れ狙いの場所を菊地牧場にした。ここは寝床へ帰る鶴たちの飛翔シーンを夕照とともに狙うポイントになる。午後3時40分、からまつ林の向こうに大きな太陽は沈んでいく。何度か小集団となった鶴が飛んで行くが、半分ぐらいはカメラを構えている後方を飛んでいるようだ。午後4時、日が沈むと急激に寒くなる。大群が飛び去った後、待てど暮らせど鶴はやってこない。殆どの人が片付けに入ったので、我輩も諦めて片付けを行なう。車に乗り込んで途端に、これまでにない大群がV字をなしてやってきた。既に後の祭り。こんなものかと
思いながら、帰宿した。1日を終えて、何はともあれ温泉である。重曹の入った温泉は「美人の湯」と名付けられ、あるランキングでは全国2位に輝いたという名誉ある温泉である。雪に囲まれた露天風呂は最高の気分。湯からあがると極寒が体を襲うが、これもまた快感である。

今日は1年のファイナル。大晦日だ。9時には年越しそばが振舞われた。ライブラリーでオーナーをはじめ気心の知れあった方同士で交流をなされていた。末席でご一緒させていただき、写真家今泉氏とご挨拶することができた。
1年を振り返り、身から出たサビとはいえ、痛切な思いをした年であった。ときに人間不信に陥り、心身とも衰弱し、カメラさえ持つ気力も失せた時期があった。それでも沢山の人に励まされ、支えられ1年を終えることができた。同時に改めて撮影が趣味にできて良かったと実感している。なんでもいいから“夢中”になれることは素晴らしいことである。来年もまた撮影というライフワークを通じて、仕事に撮影に夢中で駆け抜けたいと決意した大晦日となった。
e0056449_22244957.jpg

by crewcs77 | 2005-12-31 22:18

鶴の聖地・鶴居村をめざして

夜明け前に目を覚ますと外は吹雪いていた。
天気予報によると気温は最低マイナス15℃、最高はマイナス4℃。天気は元日にかけて晴れとのありがたい予報だ。
まずは吹雪く中、露天風呂に入って風情を味わう。
外が明るくなったのを見計らって、サロマ湖のハクチョウを探しに行くが、一向に見当たらない。
凍りついた湖面の遠くには、あざらしの群れが見えるが1200ミリ相当の望遠でも粒にしか見えない。
朝食を済ませて、網走へ向かう。オホーツク沿岸で「たらば蟹」を買いあさり、オオハクチョウの飛来地であるとうふつ湖へ行く。
天気も悪く、飛翔シーンもないので次の目的地である屈斜路湖砂湯を目指した。
屈斜路湖は波が強く、全面凍結にはほど遠い感じだ。ハクチョウは陸地の雪面で日向ぼっこを楽しんでいる。観光客がくるたびに、餌のおねだりだ。内陸部に向かうと空は晴れ渡り、雪に反射する光線がまぶしい。

今回、借りたレンタカーはホンダのモビリオ・スパイク(4WD)であった。雪道でなければ快適なのだが、ホンダの四輪駆動ほどあてにならないものはない。以前、人気に煽られてCR-Vをマイカーにしていたが、あまりにも信頼できない四駆に3年で乗り換えるハメになった。偶然にもレンタカー屋でその話をしたところ、担当者も「実は私も・・・で、私も3年で乗り換えた」と・・・
そんなことから、安全なところで足回りを試したが、ドライブポジションは2速しかないし、足回りは極めて弱い。横滑りが激しい。以前に経験したCR-Vと全く同じ症状だ。今回は走行距離もたいしたことはないが、長距離であれば多少ムリをしてでもX-TRAILを借りるべきだ。

屈斜路湖を後にして一路、丹頂鶴の聖地、鶴居村へ向かう。
伊藤サンクチュアリーに到着したもは2時頃であった。以外に撮影者が少ない。陽が沈む頃まで撮影し、連泊地であるホテルTAITOにチェックインした。
ホテルTAITOは、写真家和田正宏氏がオーナーのホテルで撮影舎御用達の宿である。温泉は「美人の湯」でその泉質は屈指で一般外来入浴者も多い。
フロントで撮影ポイントを指南するパンフレットを受け取り、明日から行動スケジュールを立てることにした。
まずは温泉で体を温め、ここまで撮影した画像をPCに移す。今回は2GCFカードをメインに6G分相当のカードも持ってきた。PCがなければ、カードは何枚あっても足らない。カードも価格は落ちてきたが、相場感として1G1万円ぐらいである。カードを買い増しするなら、PCを新調した方が無難である。PCを持ち込んで正解であった。


e0056449_2226948.jpg

黄昏時の丹頂鶴(伊藤サンクチュアリー)
by crewcs77 | 2005-12-30 21:59

冬の道東へ

年末年始休暇を利用して冬の道東撮影を楽しむことにした。
今回の目的は、丹頂鶴の撮影が中心であり本来であれば釧路空港を起点に旅程を組みたかったが、この時期に限り名古屋-釧路間は運休中であり、やむなく女満別空港を利用することになった。
初日の宿泊地は、夕日が素晴らしいサロマ湖畔に設定にしたが・・・空港に到着した時点で日の入りを迎えた。こんなことなら、屈斜路湖にしておけば良かったと思いながら、サロマ湖を目指した。ホテル(サロマ湖鶴雅リゾート)は部屋も温泉も食事も満足できる内容であり、とにかく1年の疲れを癒すことにした。
冬の撮影行は荷物が大変な上に、カメラ2台にレンズ群、おまけに三脚を2本、ノートパソコンを持ち込んで万全の装備でやってきた。
明日からの撮影をイメージしながら、朝を迎えることにした。

e0056449_21544131.jpg

サロマ湖鶴雅リゾートホテルの部屋-部屋から見る夕日は殊の外素晴らしい、らしい。
by crewcs77 | 2005-12-29 21:56

紅葉最終章

カレンダーも残り1枚となり、何かと気ぜわしい師走になった。
この朝見たTV番組は白川郷から生中継していた。雪化粧する合掌造りにシンシンと雪が降っており、季節感溢れる風景であった。

今シーズン最後になるであろう紅葉を撮影に、2週間前に訪れた瀬戸・雲興寺にでかけた。
e0056449_10174397.jpg

by crewcs77 | 2005-12-03 10:11