Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ニホンザルの生態

地獄谷のニホンザルを追いかけているとさまざまな場面に出くわすことがあります。
この25日に訪れたときは、オスザル同士が死闘を繰り広げた後で、壮絶な怪我をした順位No2の姿がありました。遠目でも上半身は血で染まり、怪我をしていることが判別できました。近寄って見てみると、顔が崩れおり絶句、ショック症状もあるのか身震いをしている状態でした。件のグランプリを受賞した公苑スタッフT.Hさんは記録目的で撮影を始めましたが、さすがに私は目視するだけで、レンズを向けることができませんでした。この時期は交尾期でもあり、メスの取り合いによる決闘は頻繁に起こるものですが、スタッフもここまでの大怪我はなかなか見たことがないという悲惨な状態でした。
思わず、私は「ドリー&テリー・ファンクス兄弟VSブッチャー・シーク」のプロレス場面を思い浮かべ、このオスがテリーなら、どこかにブッチャーかシークがフォークを持って隠れているはずだとスタッフにジョークを飛ばしながら廻りを見渡しました。
昼過ぎに喧嘩相手が現れました。順位No3が相手で、No3も右腕が大きくえぐられ、上唇の上が欠損し、血染めになっていました。
これも野生に生きる動物たちの厳しい一面です。
このサルの状態、あるいはその経過は・・・・・・
興味がある方は地獄谷野猿公苑公式HP-フィールドノートをご覧下さい。
http://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/

ほかに、ニホンザルは4月下旬から6月上旬くらいにかけて出産期を迎えます。
人間同様、生まれた子ザルはかわいいものですが、時には生まれた命が育めないこともあります。命尽きた子ザルを母ザルはボロ切れのようになるまで抱いていることもあります。サルですから子供が死んでいることは知っているはずだと思います。人のように感情はないでしょうが、本能がそうさせるのでしょうか。詳しいことはわかりませんが、見るに耐え難い母親の姿があったりします。

サルは昔からズル賢く、ダーティーなイメージがつきまといます。
また昨今では猿害などが誘発され、サルと共存できない地域も出始めています。
サル以外にクマやイノシシ、シカといった日本に生息する野生動物たちは受難の時代を迎えています。言うまでもなく、彼らが一方的に悪いのではありません。人が近代文明の中で見誤ったことを彼らは警鐘しているのではないかとも思います。
全国的に有名になった日光のサルを例にとるなら、彼らは静かに山に暮らしていたはずです。ところが、たまたま人と遭遇して、人がかわいさ余って、食べ物を与えたことから、群れ全体に波及して略奪サルと変貌していきました。悲しいかな、山岳景勝地「上高地」でも同様の事態が起きはじめています。
野生動物と近づけることは非常にありがたいことですが、野生動物を不幸にしないためにも絶対に餌を与えないで下さい。

ちなみに一時期、日本には沢山の野猿公苑が隆盛を極めました。しかし、現在ではその数は極僅かになりました。観光資源として採算性悪化に伴い放棄したところもあれば、サルの生態を十分に把握しないまま、管理不能になったところもあります。
地獄谷野猿公苑では、長年の生態調査、研究により綿密なサルの行動管理が行われており、野生ながら、人とサルの共存が図れるエリアになっています。人間もサルもお互いがルール、掟を守ることで世界に注目される秘境になっていると思います。

寒さが厳しくなり、地獄谷にも風花が舞い始めました。
サルたちも寒さをしのぐために、温泉に浸り、くつろぐ姿が見られる季節となりました。
ぜひ、冬の風物詩「温泉ザル」を見に、地獄谷へお出かけ下さい。
ここの風呂だけは、覗き見自由ですから。

e0056449_2283043.jpg

by crewcs77 | 2006-11-29 22:08 | 動物

写真展報告

業務出張のついでに写真展会場に行ってきました。
会場であるギャラリーHORIは私設ギャラリーでありながら、設備、レイアウト、雰囲気は申し分のない環境でした。
竹内敏信氏など著名な風景写真家を中心に開催されているだけに格調の高さを感じるギャラリーでした。
何よりも、ギャラリーを運営されている堀さんご夫婦のおもてなしもあり、くつろげる会場です。

先週末、出展者8人は大宴会で呑んでくれている一方なのに、ギャラリーは新聞報道の反響で電話が鳴りっぱなしで、その対応に大あらわだったとのこと。
私が滞在している時間も、問い合わせの電話が次から次と。

雨の月曜日ということもあり、午前中はポツポツという来訪者で、お越しいただいた方々をご案内して、ニホンザルのことや、地獄谷のことなど時間が許す限り会話をさせていただくことができました。
午後からは信濃毎日新聞東京支店の取材を受け、午後2時半に会場を後にしました。

いつも私のHPをご覧になっていただいている方がお越し下さったり、祝花を贈っていただいた方、つい最近、地獄谷へ行ってきたという方、動物が大好きとおっしゃるご夫婦の方、旧知の東京在住の方々、本当にありがとうございます。

次回は今週土曜日12月2日、終日にわたり会場に詰めております。
みなさんと楽しく会話ができることを楽しみにしています。
by crewcs77 | 2006-11-28 18:08 | アラカルト

鉢伏山午前6時

地獄谷に向かう途中、高ボッチへ寄ることにした。
午前5時に高原に到着。稜線上の狭い林道には撮影者の車で埋め尽くされている。
かつて見たことがない賑わいである。
撮影ポイントを鉢伏山にして、徒歩で移動した。こちらはやや少なく20人ぐらい。
漆黒の闇に赤みがかかり始め、なんともいえないグラデーションとなる。
午前6時、富士の背景が一段と赤味を帯びた。

e0056449_2128268.jpg

by crewcs77 | 2006-11-26 21:28 | 風景

地獄谷ニホンザル友の会・祝賀宴会

上林温泉・塵表閣に写真家さん他22名が集いが盛大な祝賀宴会が開催されました。
宴会は会長の挨拶にはじまり、乾杯の後、余興代わりにプロジェクターによる四日市大学助教授(理学博士)によるニホンザル生態調査における“なんとか”という実に高邁な研究発表。聞けば聞くほど難しい内容に、酒の勢いが進み、みるみる大宴会に変貌。
宴会場は時間が経つにつれ、ビール、焼酎、日本酒、ワインのボトルが林立状態に。
気がつけば午前1時。
前日は深夜2時半に起床し、早朝の高ぼっち高原を撮影していたので、この時間になれば電池切れ。一流旅館の心温まる布団に潜り込み爆睡。

いつもは温泉に入るサルを撮り続けている集団が、サルの気分になって温泉にくつろぐ姿もまた絵になる(!?)。
明治の文豪たちがこよなく愛した「塵表閣」は、この日ばかりは動物写真家たちの癒しの場」と化した。
くつろぎの宿で、立場隔たりなく楽しい時間を過ごすことができました。
みなさん、ありがとうございました。お疲れさまでした。

e0056449_21202937.jpg

by crewcs77 | 2006-11-26 21:21 | 動物

朝日新聞 11月25日夕刊 社会面

「まさか、こんな大きく載るとは!」
朝日新聞東京本社版夕刊(東京300万部刷)にはド肝を抜かれた。
地獄谷野猿公苑でお世話になり、そしてプライベートでは北信州の風景を一緒に撮影する友人TOSHIちゃん。そのTOSHIちゃんの快挙が社会面で紹介された。記事と写真は紙面1/4ページ(7段抜き)を占めるトップである。

(新聞記事抜粋)
「米コンテスト プロ写真家抑え」

野生の猿が集まる温泉として知られる長野県山ノ内町の公園「地獄谷野猿公苑」の職員が、米国の自然写真コンテスト「ネイチャーズ・ベスト国際写真コンテスト」で、06年のグランプリを獲得した。コンテストへの応募歴がほとんど無かった「素人」が、国内外のプロ写真家らによる1万2000点以上の作品を抑えた。ワシントンのスミソニアン自然史博物館では10日から、受賞作の展示が始まった

このコンテストは、世界の著名な自然写真家が出品することで知られる。1人20点までの応募が許され、06年は28カ国から応募があった。受賞作品は、園内にやってきたニホンザルの親子を撮影した「雪ザルと赤ん坊」。雪道を歩いてくる母猿とそのおなかにしがみついた子どもが、まっすぐ前を見据える姿を撮った。ほかにも、園内の猿を撮影した別の写真で、「野生動物部門」「おどけたしぐさ部門」にも入賞した。

国内外から来園するプロ写真家から頼まれ、ガイドをする機会も多い。彼らが撮影する姿を見ているうち、「どういう場面を撮ったら面白い写真になるのか、プロならではの狙いがわかってきた」という。日々をともに過ごす猿たちの動きは手に取るようにわかる。少しずつ、いい写真が撮れるようになった。

今年4月、旧知の写真家にコンテストへ応募するよう勧められ、撮りためていた写真を送ってみた。7月、事務局からのメールでグランプリを知った。「初めはかつがれているんだと思った」。コンテストのホームページ上に受賞作が掲載されたのを見て、徐々に実感はわき始めた。
◇東京でも写真展
8人の写真家が、写真展「サルも温泉が好き」が、東京都杉並区の「ギャラリーHORI」(電話03・3383・4126)で開かれている。12月4日まで。
スミソニアン自然史博物館の展示は来年3月まで。

(新聞記事内容URL~asahi.com)
e0056449_18434446.jpg

http://www.asahi.com/national/update/1125/TKY200611250210.html
by crewcs77 | 2006-11-26 18:43 | 動物

ちっち 逝く

11月26日深夜未明、ちっちが力尽き、大往生を遂げた。
14年6ヶ月、我が家の一員として家族を子供の成長を見守り続けてきた。

夏頃から老衰症状が見られ、8月にはまさかの惨事に見舞われ一時は死線をさまよったものの秋になって過ごしやすくなったのかケージ内を元気に動き回っていた。

私はこの日、自宅を留守をしていたため、見届けることができなかった。
深夜2時頃に女房がケージを見たら、羽を広げ頭を隠すようにして静かにしていたという。
まだ息はあったようであるが、しばらく様子を見ていたら、羽を閉じ静かに逝ったという。

帰宅第一報は悲しい知らせであった。
主がいないケージほど寂しいものはない。
キエリボタンインコとしては記録的な長寿であった。
こぶし大ほどの小さな命であるが、最後の最後まで一生懸命に生き続けたちっち。
「ありがとう、そしてさようなら」

e0056449_18101824.jpg

06年7月30日 在りしの「ちっち」
by crewcs77 | 2006-11-26 18:10 | 我が家のペットたち

自動焦点機能が衰える

視力の衰えを感じていたので、新聞の折込チラシに誘われて、久しぶりに眼鏡屋へ出かけた。
カルテによるとフレームは2年前に変えているようだが、レンズは5年前に換えたものらしい。
若い頃は近視も進むというが、齢45になってもまだ進行しているらしい。果たしてどこまで進むものか。これ以上進めば、見えなくなるのではと心細く感じる。何しろ裸眼視力は20年以上前から測定不能に近い。
今回の測定では、左右の格差が顕著であった。
店の人に「カメラをよく使う」と言ったところ、「カメラは左目で見られていますね」とズバリ言い当てられた。カメラ撮影の基本といえば右目でファインダーを覗くのであるが、私はごく少数派の左派である。根拠がある訳ではなかったが、右目の視力が極端に悪いようだ。5年前と比較して右目はかなりの衰えがあるようだ。
どうにかこうにか両眼あわせて0.8まで引き上げるのが限界のようだ。
確かに今の眼鏡と比較して、見やすくなったが、厄介なことが顕在化した。
度数をあげたら、近くが見えない!
今の最短焦点距離は35cmであるが、新しいレンズでは焦点距離が倍近くになる。
「老眼」である。
どうも“老”という文字が気に食わない。もっと言い方はないのだろうか。
とうとう、眼鏡のレンズにまで「マクロ機能」をとりつけなければならなくなった。
抵抗感が強かったが、妥協するしか方策はない。

昔に比べれば眼鏡も安くもなったものだと思った反面、限度をすぎた眼には実に厳しい。
プラスチックレンズや屈折率が低いレンズでは牛乳ビンの底である。
残念ながら選択肢は限られてくる。
ガラスレンズで高屈折率を選ばざるをえない。
おいおい・・・、「で、いくら?」
「お客様がお選びのものですと、フレームがチタンのこれこれで、レンズがこれこれで、会員割引がこれで・・・・・・・、全部で9万・・・円です」
ど・ひゃ~~~。
「いまどき、カメラのレンズでも5枚も6枚も高屈折レンズが入って、6万円も出せばそこそこのレンズが買えるぞ!!」
悲しいかな、眼鏡の力がないと生きていけない運命。

5年に一度ぐらいならと割り切り、北風に吹かれながら家路につくしかなかった。
e0056449_22253083.jpg

by crewcs77 | 2006-11-22 22:25 | アラカルト

紅葉を求めて奥三河へ

3週間自粛していた撮影活動。
というのも先週末から今週明けにかけては、早々と風邪をひいてダウン。
まだ体調はすっきりしないが、ゴロゴロとしていてもしょうがないので朝から撮影に出かけることにした。
大井川の汽車ポッポか、近場で奥三河にするか。
迷った挙句、あまり気合が入らないので奥三河へ。
早朝、日本紅葉名スポットといわれる香嵐渓(足助)を通過するが、見頃とは言いがたい状況。
2分といったところだろうか。写欲が沸かないので、根羽村まで車を走らせる。根羽村は愛知県と隣接する長野県である。愛知県と長野県が隣接していることを知る人は少ない。根羽村まで向かったのは目的があった。鈴なりの柿の大木狙いである。よく写真雑誌やフォトコンテストでお目にかかる柿の木。現地を見て、唖然。木には柿がひとつもない。収穫したのか、それとも今年は実がならなかったのか、一つもない。トホホである。

このあたりの紅葉は最盛期を迎えているが、あまり撮るようなモノがない。
茶臼山道路に抜けてみるが、こちらはもう冬枯れ。
何も撮影しないまま時間だけが過ぎてゆく。光線は斜光からトップに移行してくる時間帯となる。
設楽を抜け、段戸方面に抜けることにした。
設楽を過ぎたあたりから、天気は下り坂に向かい始め、光線がなくなってきた。

ところどころでヤマモミジを撮影しながら移動。
途中、ビデオカメラで撮影している人から声をかけられる。「香嵐渓に行こうと思っているが、香嵐渓はどうなんですか」と聞かれた。この方、歳の頃50歳ぐらい。千葉県から紅葉を追って、全国を南下している途中という。愛知県の後は、滋賀、奈良を抜けて、四国へ渡り、八十八ヶ所をめぐりをして、九州が最終という。寝床は全て車。「いつまで旅されるのですか?」と聞くと、年末に自宅へ帰ればいいかな」と。
再び、途中で出会ったら「香嵐渓のことを交番で聞いたら、“いくだけムダですよ。あなたが教えてくれたように、岡崎へ抜ける道を行った方が、いい紅葉がありますよ”」と教えられたとのこと。
旅の無事を祈って別れたが、撮影装備からして写真家でもなさそうだし、どんな生活をしているのか・・・。たばこを根元まで吸う姿が印象的であった。とにかくバイタリティーに敬服するばかりである。
e0056449_22503838.jpg

by crewcs77 | 2006-11-18 22:50 | 風景

写真展のご案内

このたび、地獄谷のニホンザルをテーマとした合同写真展を東京で開催することになりました。

写真展テーマは
“長野・地獄谷でニホンザルを追い続けている写真家8人展”「サルも温泉が好き」
です。

開催日程は
11月22日(水)~12月4日(月)*火曜日休館

場所は
ギャラリーHORI(杉並区和田/地下鉄丸ノ内線 中野富士見駅 徒歩2分)

“写真家”というのが、私にはおくがましい限りである。
今回の8人展は、私のHPでもリンクさせていただいてるプロ写真家と合同で行うもので、私として光栄な反面、恥ずかしい限りです。

参加メンバーは
①地球規模で野生動物を追いかける著名動物写真家・福田幸広さん
②月刊バーダー、DCMでおなじみ、野鳥撮影のスペシャリスト・戸塚学さん
③慈愛に満ち溢れたニホンザルや野生動物を撮り続ける女性動物写真家・松成由起子さん
④今回の写真展を企画してくれた、朝日新聞フォトジャーナリスト・千葉康由さん
⑤動物写真家を志している写真学科研究生・奥田泉ちゃん
⑥写団こだまに所属されているハイアマチュア・小林英樹さん
⑦ニホンザルの生態を研究すること20数年。2006年米国ネイチャーズベストフォトコンテスト最優秀賞を受賞したニホンザルのスペシャリスト・萩原敏夫さん
という面々です。

作品は90点以上に及び、会場がニホンザルで埋め尽くされ、本邦屈指の豪快な写真展になりそうです。

ちなみに小生は、WEB「おサルさんからたより」を写真展バージョンにして1年12ヶ月、12枚の作品をもって地獄谷に生息するニホンザルをメッセージを表現することにしました。

なお、小生が会場に出向くのは次の日程を予定しています。
11月27日(月) AM11時頃~15時頃
12月02日(土) 終日(場合によっては3日も)

沢山のニホンザルを画像を通じて、山谷に暮らすニホンザルの表情や姿をご覧いただければと思います。
e0056449_2225335.gif

会場でお会いできることを楽しみにしています。
by crewcs77 | 2006-11-18 22:03 | 動物

美しき日本

今に始まったことではないが毎日、毎日起こる荒ぶ事件にうんざりだ。
どうしてこんなに荒廃してしまったのだろう。
心ばかりでなく、野も山も荒れ狂っている。今夕のニュースで岡崎市の中心街にもニホンザルが現れたという。岡崎市は「人に危害を与えない限り、静かに見守りたい」というコメントしたという。クマでなくてよかった。

視野を狭くもてば人も動物も住み難くなった日本か?
でも、広く持てば、この日本は特有の文化や自然、風景が豊富にある。
私がニッポンの風景の美しさに魅了されたのは「上高地」であった。はじめて見た「大正池」や河童橋付近から眺めた「穂高の山稜」は実に美しかった。もう25年も前のことになるから、大正池でも今と比べ物にならないくらいに水没した枯れ木立が綺麗であった。
残念ながら観光で行った訳ではないので、浮かれ気分はなかった。
神戸で苦学生をしていた頃、「これは美味しいアルバイトだ」と思って飛び込んだのが、某新聞社系の旅行の添乗員であった。1回生を無事に終え、2回生になろうとした頃に巡り合ったアルバイトであった。新聞社系の旅行社なので、客層は熟年以上老人が大半、企画も温泉モノや寺参り、今でこそメジャーであるが、当時としては秘湯や聞いたこともないマイナーなところに行くツアーが多かった。アルバイトとは言え、最初の1回だけベテラン社員に同行して、実習をするだけ。2回目からバス1台分のツアー客を引率して動くのである。途中で何が起ころうと、現場の判断を任されるのである。
添乗員駆け出しの頃は、週末を中心に日帰りの寺参りが多かった。(おかげさまで西国三十三ヶ所は人生の序盤にして全てお参りできた。般若心経も途中まで覚えた)そんな経験を重ねながら、だんだんと遠出をしてゆくことになる。中でも印象深く、前述の「美しさ」を感じたのが、上高地であった。添乗員になって数ヶ月目たった頃だったと思う。それから、好んで「上高地」が絡んだツアーは率先して選択していたものだ。3年間の添乗員経験で語りつくせないほど悲喜こもごもの思い出もあった。上高地でも2度の地獄を味わった。今でこそ、平湯と沢渡はトンネルで結ばれて便利になったが、当時は安房峠である。安房峠は道幅が狭く、ヘアピンカーブの連続。これが夏の観光シーズンになると、大型バスと乗用車がひしめきあって通行できない。バスのドライバーもイライラなら、ツアー客もイライラである。イライラしていても、ラチが空かない。若いバスガイドが乗っていれば、バスガイドが「露払い」に峠を走り込むのであるが、なんせ乗客も年寄りならバスガイドも・・・である。ドライバーと添乗員の視線が会ったら、暗黙の了解事項となる。添乗員が露払いで峠を走り込まなくてはならない。秋たけなわの折に峠の下から峠付近まで露払いをした思い出がある。また釜トンネルも新トンネルでスムーズに通行できるが、当時の釜トンネルは高さがなく、当時、流行りだしたセミデッカーやスケルトンバス(二層ではないやや屋根が高いバス)が通過できなかった。神戸から俗にいう「平ボデー」バスでいくのはつらかったものだ。それでも、秘湯「泡の湯」や新穂高、平湯温泉の露天風呂で癒されるのは、なんともいえない心地よさと添乗員冥利であった。
添乗も実績を重ね、2年もすればベテランの域に入ってくる。
2年目頃になってくると、添乗実績に応じて行きたいところを好きに選択できるようになってくる。
九州、北海道、沖縄へと毎月のように飛び回っていた。さすがに北海道や沖縄になってくると年頃も近い若い客が老人の中に混ざっていた。こうなると添乗員は目の潤いもできて、仕事がより楽しくなるものだ。沖縄は台風に泣かされることがり、あまり好まなかった。専ら、北海道はよく行ったものだ。おかげで人生の伴侶と北海道で知り合うことになってしまった。
3年目になると、学業はそっちのけで添乗に打ち込んでしまった。1年365日、200日強の添乗に出ていた。いまだに、大学が卒業できなかった夢を見て飛び起きることがある程である。

3年にわたって、いろんなことがあった。旅行社の収益源、土産物屋のウラ事情、語るに語れない話、びびりまくったあちらさん筋の団体貸切、バスガイドなしの1泊2日ツアー、長崎豪雨の直撃・・・・・・。
そのおかげがあって、ビジネスパーソンとしてのさまざまな基礎ができたし、何より、タダ、否、報酬に朝昼晩の食事、寝床、おまけに土産物付で「美しい日本」を沢山見ることができた。
それが今のライフワークにつながっていることも確かである。
こんな貴重な体験ができたアルバイトに今もって感謝である。
また、折に触れ、よもやま話でも書き込みたいと思っている。

e0056449_21575924.jpg

by crewcs77 | 2006-11-09 21:58 | アラカルト