Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ゆく年2006

駆け足で過ぎ去った2006年。
振り返れば今年の幕開けは北の大地、ツルのねぐらを見下ろす鶴居村の高台で迎えた。
氷点下15℃。真っ赤な太陽が向かいの山からの昇り始め、凛とした清々しい空気の中で始動であった。

我が家のことでいえば、次男が大学へ進学し、家を後にした。以来、居心地が良いのか9月に一度帰省しただけでこの年末年始すら帰ってこない。
ペットたちは受難の年であった。3月にはうさぎが亡くなり、11月にはちっちが去っていった。
犬たちも獣医の世話になること度々であった。

ライフワークの撮影で言えば、新しいエリア、新しい被写体との邂逅が沢山あった1年だ。
冬の丹頂鶴も初めてであったし、やまぐち号を追いかけたのも今年が初めてであった。そして、来年の干支になるいのししも。秋には精力的に山登りをして、山ならではの風景を堪能することができた。残念ながら質的には満足できるものが少なかった。しかし、一方で初めての写真展が開催できたことは思い出深いものとなった。

本職の方も拡大の一途を辿り、更に来年に向けプレッシャーがかかる責務となってきた。

いずれにしても大きな怪我や病気もなく無病息災に近い形で1年を終えることができたことに感謝しなければならない。
人は誰だって、明日のことは判らない。明日のことに憂いをもつのではなく、明日に期待を持っておおらかに自分らしく生きていきたいものである。
そして、沢山の人と出会い、沢山の人に支えながら生きていることを励みとしながら、感謝の気持ちを忘れずに成長してゆきたいものである。

明日から始まる新たな365日。
まずは道東ひとり旅を楽しんで来たいと思います。

今年も当サイト及びブログにお付き合いいただきありがとうございました。
みなさまにとりまして、来る2007年が輝かしい年であることをお祈りします。
ありがとうございました。

e0056449_1152131.jpg

2006年1月1日 午前6:36 北海道鶴居村:雪裡川にかかる音羽橋を俯瞰。
by crewcs77 | 2006-12-31 11:06 | アラカルト

仕事納め

今年は暦の都合で例年よりも遅い仕事納めとなった。
忘年会に明け暮れた年末だけあって私の心身を携帯電話で表せば、電池切れ寸前の状態だ。
とにかく今日で「やれやれ」というところであるが、予想もしない心労を持ち越すとなった。
職務柄、米国へ派遣する社員の就労ビザの申請や更新手続きを段取りよく行うのであるが、こともあろうか更新のために帰国した社員及びその家族5名のビザ発給を停止させられてしまった。就労ビザの発給申請にあたっては、専門家に委託して行っているので手続き上では全く問題がなかったのであるが、米国領事が下した判定は当人及びその家族は「永住権申請を行っているところであり、永住の意志がある以上、合衆国の法律に照らし合わせ、非移民ビザとなる就労ビザは発給できない」というものである。
更新時期は来年3月であるから、「今の段階では更新できない」というなら納得できるのだが、申請(面接)をした時点で、有効期限内のビザまでキャンセルのスタンプを押されてしまった。
よって、その時点をもって米国に戻ることができなくなってしまった。本人の仕事はなんとでもなるが、問題は子供の就学である。ビザがなければ就労も就学もできない。家族は更新を済ませて1月3日にはリターンする予定で、空港に車も預けてあれば、愛犬もケンネルに預けてあるという。
人道的配慮が一切ないものだ。おまけに、本件に対する不服申し立ては一切に受け付けない。
すったもんだの末、永住権申請を放棄して、再申請に望むことにしたが、再び問題が生じた。
再申請の面接予約を入れるが、3人分の面接は可能となるが、2人分の予約が入らない。こうしたトラブルに対しても米国領事館は15分単位1,500円という有料フィー問い合わせとなる。
本人が問い合わせ、我々が画面で確かめると、表示されるのは1回目の申請画面である。問い合わせ先の担当者曰く「2人は面接実績がない」という。そんなバカなことはない。現に2人のビザスタンプにもキャンセルのスタンプが押されている。要は領事館の不行き届きである。いくらクレームを言ってもラチがあかない。こちらは事情が事情だけに急いでいるが、後日にしか回答できないと・・・。

ちなみに申請者は前出の理由以外に、要件に違反する事案をもっている訳でない。寧ろ、日米協会等友好関係のボランティアも行い、米国内での社会的立場も保有している。

この後、スムーズに事が運ぶことを祈るばかりであるが、最短日でも1月10日にしか予約ができない。果たして彼ら家族が米国にリターンできるのはいつになることやら・・・。
関わる立場がある私としては、気がきではない年越しとなった。
思わず「欧米か!」と嘆きたくなる心境だ。
by crewcs77 | 2006-12-28 19:46 | アラカルト

“風の谷のこどもたち”

千葉康由氏写真展「風の谷のこどもたち」が名古屋で開催されている。

キャノンギャラリー名古屋:2006年12月14日(木)~12月28日(木)
9:00-17:30 最終日16:00まで 土日祝休館

“風の谷”って何?と思っていたが写真展に行って、「風の谷幼稚園」の存在をはじめて知ることになった。
素晴らしい理念と方針の下で幼児教育がなされていることを知り、感銘を受けた。
このような幼稚園が国内に沢山できるようになれば、将来に光明が見えてくる気がするだが・・・
関心がある方は「風の谷幼稚園」公式hpをご覧下さい。

撮影者の千葉氏は朝日新聞フォトグラファーとして活躍中であり、ライフワークとして地獄谷のニホンザルを撮り続けている一人である。
その千葉氏がテーマとしてとらえたのは、風の谷幼稚園が生活力の総仕上げとして自立心を養う4日間の合宿風景のひとこま、ひとこまである。

彼曰く、幼児もサルと同じように作られた表情ではなく、自然な姿で撮影することができたという。「ん?幼児とサルを一緒にするのは失礼では」と思ったが、作品を見て、そのコメントにうなずけた。幼児がもつ本能的とでもいおうか、無邪気で屈託のない姿がどの写真からも伝わってくる。その子供たちの姿に今風の垢抜けた感じはしない。貧しくとも明日に希望が持てた昭和20年から昭和40年代の幼児たちとラップする表情を感じた。現代の幼児にしながら、どことなく心温まる懐かしさを感じさせる。
写真1枚で伝える醍醐味、フォトジャーナリストとして鍛え上げられた片鱗を見ることができた。

名古屋の後は
キャノンギャラリー梅田
  2007年1月18日(木)~2007年1月24日(水) 10:00-18:00(最終日16:00まで) 日祝休館
        
キャノンギャラリー札幌
  2007年2月13日(火)~2007年2月23日(金) 10:00-17:30(最終日16:00まで) 土日祝休館

で開催されます。

沢山の方々にお勧めできる写真展です。
きっと、何かを感じるはずです。
by crewcs77 | 2006-12-20 22:48 | アラカルト

あぁ~~忘年会

夜の街はイルミネーションとともにひときわ年の瀬の雰囲気を醸し出している。
景況豊かな名古屋の繁華街はいつになく華やかさがあふれ出している。

12月に入ってから、好む好まざるにかかわらず毎週のように忘年会である。
今夜も忘年会から帰宅したところである。平日は翌日の仕事があるので自重するが、週末ともなれば大変である。先週末は心地よさにかまけて、時間が経つのも忘れて2時頃までブレークしていた。さすがにこの時期はタクシーをつかまえるのが大変である。繁華街から自宅まではそこそこの距離になるので、どこのタクシーでも良い訳にはいかない。中型タクシー1割引を探さなければ勿体無い。選りすぐって乗車するまで15分ぐらいはかかった。市内から郊外まで一般道を使えば、時間も距離を要する。高速代を払っても、高速を使った方がうんと安くなるし、ドライバーも自分もハッピー!深夜であれば7,000円強かかるところが、5,150円+高速代750円で、しかも所要時間20分ぐらいで送り届けてくれた。それ以外の記憶はふっとびである。

翌朝、財布を除いて「げっ!!」
記憶を辿り、一生懸命に計算をする。
「うわぁ~~、こんなに使ったんだ」。
「D40がレンズ付で買えたやん」と、しょうもないことを比較してしまうところがA型らしい性である。
でも、それ以上にスタッフのみなさんに仕事をして頑張ってもらっているのだから、感謝!感謝の気持ちである。

年末にかけて、あと3回は忘年会がある。
とことん呑んで騒いで来年の鋭気にしたいものである。
by crewcs77 | 2006-12-19 23:40 | アラカルト

「命」

毎年恒例となったその年の世相を表す漢字が「命」と決まり、京都清水寺の貫主による揮毫が行われたという。
尊い命を自ら断つ自殺は増加の一途を辿っている。悲しいかな今年は私の近くでも自ら命を断った人がいた。一家の大黒柱であった。いかなる事情があろうとも命を絶ち、逃げることは卑劣極まりない行為である。

今日、帰宅したら群像舎に注文しておいたDVDが到着していた。このドキュメンタリー映像は以前にもVHSで見ていたが、DVD版が発売されたので買い求めた。
DVDは「ニホンザル モズ 26年の生涯」というタイトルだ。

私がモズを知ったのは、かれこれ15年ぐらい前だろうか。テレビ朝日「ニュースステーション」で特集され、また別枠で放映された特集番組を見て、このサルの存在を知った。
その後、モズを実際に見たくて、幼い子供をつれて地獄谷に出かけた。これがはじめての地獄谷であったが、結局、そのときはモズを見ることができなかった。

モズのことは、私の拙作HP「おサルさんからのたより」でも紹介しているが、四肢に障害をもったサルであった。関係者は、自然環境が厳しい地獄谷では長くは生きられないだろうとの見解をもっていたが、モズは群れの一員として不自由な体を引きづりながら、子供を産み(生涯にわたり7頭を出産)、育て、26年の生涯を懸命に生き続けた。

このDVDは、1978年モズ7歳の初出産から1997年7月にモズが老いて死んでゆくまでを群像舎が渾身を込めて追い続けた作品集である。
語りは森本レオ、挿入歌はイルカが書き下ろしたという「モズのため」に他である。
映像を通して語られることは、ハンディに対する同情論ではなく、ニホンザルの生態であり、家族の絆であり、命の尊さである。

19年分の記録が52分間にコンパクトにまとめられているが、その内容は実に重く、心打たれるものだ。この記録作品は、中央自動福祉審議会推薦文化財の認定もされている。

“ハチドリのひとしずく”ではないが、私はここ数日、ライフワークを通じて、私で何かできることはないだろうかと考えていた。そして、できれば「こんなことができたら」と思いを強くするようになっていた。
それは、拙作画像ではあるがニホンザルを中心に、野生に生きる動物たちをカメラに収めてきた。まだまだネタは少なく、訴求できるレベルには程遠いが、いつか、あるいは近い内に、これらをまとめた作品展か作品集ができれば本望だと思っている。
「今の時代だから伝えたいことがある~動物のこと、環境のこと、そして愛、いのち」
動物たちは、自然の摂理の中で“今日を懸命に生きている”。目は輝き、今日を生き延びるために生きている。人間だって、一部の文明国を除けば、野生動物と同じように本能を研ぎ澄まし、生きている。ところが、今の日本、いや世界の文明国はどうだろう。

ハチドリのひとしずく、何かできたらいいなぁと思う今日この頃です。

e0056449_21384772.jpg

by crewcs77 | 2006-12-12 21:38 | アラカルト

どうする写真フレーム!?

今後の写真展計画を画策しているが、これが思いのほか投資を要する。
今回の写真展は多大なご協力があって、フレームは貸与してもらったが、これを独自で開催するとなるとそう易々と良い条件があるものではない。
まずは、フレームを用意しなければならない。インターネットで調べてみるとレンタルフレームというものがあるが、マットとセットするとそこそこの費用になってしまう。
写真店などで市販されているものは、安いものが沢山あるが、どうも乗り気がしない。重厚感があるものは高い。しかもA3サイズはまだまだ流通量が少ない。半切仕様で購入してマットを付け替えるなどの処理が必要となる。ならば、思い切って製作するかである。写真展やギャラリーで使用されるフレームはニールセンのアルミフレームを使ったものが多い。インターネットであたってみると、意外や意外、“灯台元暗し”で、勤務先至近距離で加工・販売している業者があった。あたってみると希望通りのものが概算であるが5千円前後/1枚(マット付)で“できる”という。ちなみに他の画材屋であたってみたら、ニールセンより廉価な素材を使って、130千円といわれた!
こう考えれば、5千円がいかにお値打ちであるかが窺える。
「しかし、せいぜい数回の写真展で10枚を投資するのは痛い」
こう考えると写真展も消極的になってくる。
投資するなら「一層のこと20枚ぐらい揃えて、インターネットを通じて、レンタルをするか」とも考える。
そうするとまた問題が・・・「小さな家は、いくら片付けても狭いのに、どこで保管しておくの?」
「はぁ~~」
困ったもんだ。
でも、ニールセンはさすがに値打ちだよなぁ~~

「どうする写真展!?」

まもなくボーナス!。フォトストレージ、眼鏡、レンズ、スタッドレス、車検、北海道ロケ・・・げっ!右から左へと流れ流れてゆくだけ。
捕らぬ狸の皮算用で、年末調整を当て込みたいところであるが、還付どころか徴収になる恐れは十分にありあり。

割り切れないところで眠れぬ夜になりそうだ。

e0056449_21485083.jpg

by crewcs77 | 2006-12-11 21:49 | アラカルト

AF-S VR ED70-300/4.5-5.6

予約していたVR70-300レンズを受け取った。
土曜日は終日にわたり雨だったため、今日はじめて試してみた。
大口径レンズを中心に使っているため、このレンズは軽快である。購入価格が5万円台にして、汎用的に使用できるレンズとしてまずまずである。以前はED70-300を持っていたが、手放していたのでVRで復活できたのは嬉しいところ。こだわればMADE IN THAILANDがいまひとつ。

e0056449_1626209.jpg

by crewcs77 | 2006-12-10 16:26 | アラカルト

Wコーギー・ロン毛倶楽部

e0056449_22234774.jpg
2001年5月から継続してきたウエルッシュコーギー・ロン毛倶楽部。
今日の更新をもって最終更新としました。
振り返れば、パソコン音痴が一念発起してホームページ作りに励みだしたのは愛犬2頭をテーマにした「WOWOW&GAWGAW」が始まりでした。インターネット草創期から人気犬種のHPは多く存在し、またそれぞれの犬種ごとにファンシャーサイトがあり、その影響を受けて親バカならぬ、犬バカで開設しました。当時はオフ会と称する集まりにも沢山でかけたものでした。

コーギーのスタンダードは被毛が短く、Wコートになっていますが、通称ロン毛は劣勢遺伝により長毛のコートになっています。当然、意図的に出生させることはできず珍しい存在です。今でこそ、ロン毛を求める人が多くなり、価格を操るショップやブリーダーがあるそうですが、私が「こー太」を迎え入れた頃は、悲しいかな「カス」といわれた頃でした。
散歩に出歩けば「可愛い」といわる反面、「これは雑種ですか」とか「シェルティーとのMIX」かと言われたものです。
そこで思いついたのが“ロン毛コーギーに市民権”という滑稽な発想で企画したサイトが「ロン毛倶楽部」でした。
開設当初は日夜ネットサーフィンをして、ロン毛を探し回り、勧誘活動をしたものでした。
その後インターネットの普及も急加速して、応募待ちをしているだけで次から次へと集まりはじめ、結果181頭の沢山のロン毛コーギーたちを紹介することができました。

これまで3つのサイトをもってホームページを作成してきましたが、ボチボチこの辺が限界となりました。まさに選択と集中の時期がやってきました。
今夜をもって更新を終了しますが、レンタルサーバー期日である来年の5月頃までは維持状態となります。

ご愛顧、ご協力いただきましたロン毛コーギーオーナー様、そして愛育されているロン毛コーギーに幸多かれとお祈りいたします。
ほんとうにありがとうございました。
by crewcs77 | 2006-12-04 22:21 | 我が家のペットたち

感謝・写真展ご来場

写真展も残すところあと1日となりました。
会期中、沢山の方々にご来場いただきましたことを有り難く、厚くお礼申し上げます。

12月2日(土)は萩原氏と東京駅で合流し、開場時間の10時半から終日会場にいました。
土曜日ということもあって、途切れることなく大勢の方々に地獄谷のサルをご覧いただくことができました。
会場にいると瞬く間に時間が過ぎ去り、気がつけば閉館時間。お陰で一緒に出向いた萩原氏とも移動中だけの会話となってしまいました。折角、お越しいただいたにもかかわらず、十分なお気遣いもできなかったことを申し訳なく、お詫びいたします。

夕方にかけては文芸春秋社の方が訪れて下さり、今後の企画材料にしたいとのことでさまざまなインタビューを受けました。

今回の写真展は、“サルづくし”となったため、当初は関心度は低いかと憂いましたが、萩原氏の受賞をすっぱ抜いた朝日新聞記事の反響により、予想はるかにを凌ぐ大盛況で終える見通しとなりました。
山間部では嫌われモノのニホンザルですが、私たちの作品を通じて、ほんの少しでも野生動物の生きる姿や、サルの表情、姿をご理解いただければと思います。

今回の機会をいただきました「ギャラリーHORI」様に深謝いたしますともに、足をお運びいただきました沢山の方々に厚くお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

e0056449_19471941.jpg

by crewcs77 | 2006-12-03 19:55 | アラカルト