Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

独り占めのライトアップと独り占めの露天風呂

地獄谷を下り、夕暮れの菜の花と千曲川の風景をイメージして飯山の菜の花公園に向かいました。
当地は唱歌「朧月夜」の原風景です。
夕暮れの風景を眺めながら、思わず口ずさみます。
“菜の花畑に入日薄れ 見渡す山の端 霞深し~~~
まさに歌詞の通りのような情景です。

落日後の川面への反射を期待しましたが、残念ながら理想通りにはなりませんでした。
現地を後にしようと思ったところ、ライトアップがあることに気づきました。
ライトが点灯される前に他の撮影者は帰っていきました。
こんな名景を独占できるとは・・・・。
e0056449_20312837.jpg


この夜は木島平村の馬曲(まぐせ)温泉に浸りました。
ここは2度目ですが、実に雰囲気がいいです。露天風呂と内湯が別々なので少し不便ですが、ここの露天風呂は日経なんでもランキング「雪見の風呂」でNo.1に輝いたようです。
雪見でなくても、遠くに見える集落の灯を眺めながら、これまた独り占めの露天風呂を満喫しました。

by crewcs77 | 2009-04-30 20:18 | 風景

輝く生命

春霞で風景撮影に不向きなために地獄谷で時間を過ごすことにしました。
地獄谷野猿公苑では今シーズンから年間フリーパスを発行することになりました。
当然ながらこの手続きを行いました。
地獄谷はこれから新緑の季節を迎えます。
新緑の頃は出産ラッシュのときです。今年はすでに4頭が誕生しています。
少し成長してくると母親の懐から飛び出して、1メートル四方ぐらいをチョロチョロと動き始めます。
いつもながら、こざるの表情やしぐさには癒されるものがあります。
e0056449_2093273.jpg


by crewcs77 | 2009-04-30 19:56 | 動物

原風景の旅

昨年と同様、車中3連泊で原風景の旅に出ました。
ガソリンがやや高くなったものの高速道路1,000円乗り放題は有難いものです。
昨年は北信州の桜シーズンと重なり寸暇なく風景撮影に没入できましたが、今年の桜前線は早々と通り過ぎたために風景撮影は限定的なものとなりました。

29日夕方に出発し、松代(新潟県十日町)の棚田を目指しました。
午後8時、松之山に到着し、初日は松之山温泉「ナステビュウ湯の山」で疲れを癒しました。
早朝の撮影地は「星峠」としました。
午前4時、“棚田ファン”がお立ち台に林立します。
後から来た撮影ツアーご一行が一段下がった道を陣取りました。
夜半からお立ち台で場所取りをしていた人が大騒ぎです。
喧騒を避けて外れの展望地から静かに撮影することにしました。
好天続きで日の出前の朝焼けもなく、ガスが出ることもなく単調な朝でした。
e0056449_1932167.jpg


儀明の桜はまだ持ちこたえていました。
e0056449_19414048.jpg


美人林は残雪もなく、ブナは例年よりも早く芽吹いたようです。
e0056449_1947117.jpg


天気は良いものの春霞が出て撮影に不向きな条件となってきました。
松之山を後に飯山へ向かいました。
北竜湖の状況を見てから、久しぶりに地獄谷で時間を過ごすことにしました。
e0056449_19535722.jpg


by crewcs77 | 2009-04-30 05:10 | 風景

蒸機づくしの3時間45分!

NHKオンデマンドから「昭和のSL映像館」を視聴しました。
「さすがにNHK」と唸らせる蒸気機関車映像の集大成です。
各地のNHKに保存されている蒸気機関車の映像をかき集め3時間45分にまとめたものであり、まさにアーカイブと呼ぶに相応しいものです。これまでさまざまな関連映像を見てきましたが、これに勝る蒸機モノはあとにも先にもないのではないかと思いました。2008年に放送されたものですが、今日まで知りませんでした。しかも偶然にも、今日、NHK総合TVで中継していた広島×阪神戦が雨で中止されていたら再放送される予定でした。315円で3時間45分。雨の日の巣篭もりにちょうどいい映像集でした。
e0056449_22252192.jpg

by crewcs77 | 2009-04-25 22:25 | 鉄道

飛越合掌ライン

改めて高速道路の便利さが実感できました。
自宅最寄ICから越中(富山県)五箇山までジャスト2時間。
30年前、いえいえ1年前でも考えられなかったことです。
しかも、高速料金は1,000円。
例年ならこのあたりの桜はGW前半頃ですが、今年はすでに旬が過ぎ去っていました。
新緑が鮮やかさを増し、美しく映えていました。
今日は2009年さくら道国際ネイチャーランの開催日でした。
五箇山あたりの沿道には日本海(金沢)を目指し黙々と走る人の姿がありました。
ネイチャーランは“太平洋(名古屋)と日本海(金沢)を桜でつなごう”と旧国鉄バスの車掌佐藤氏が取り組んだ偉業を称え創設された全250kmに及ぶ過酷なレースです。
白川郷の混雑は避け、五箇山を中心に撮影してきました。
復路、荘川桜に立ち寄りましたが、現在“一部咲き”といったところでした。高速道が開通したので御母衣周辺の往来数は減ったように思われました。ひるがの高原の水芭蕉も満開を迎えていますが、こちらも静かな状況でした。
e0056449_20562436.jpg


by crewcs77 | 2009-04-19 21:01 | 風景

満開の駒つなぎ桜

名桜、駒つなぎの桜が満開となりました。
例年より1週間以上早い開花です。先週末に続いた連続の夏日で一気に開花したようです。
明日は昼も夜も用事があって出かけることができないので、今夜、撮影してきました。
熱心な撮影者10数人が群がっていましたが、明日の日の出前頃は激込みで三脚が林立するのではないかと思います。
2年おきぐらいに撮影していますが、樹形の美しさや威風堂々とした貫禄に惚れ惚れする桜です。
e0056449_22464714.jpg


by crewcs77 | 2009-04-17 22:48 | 風景

かけあしの桜旅

名古屋の桜は寒の戻りで満開時期は例年と変わりのないものになりましたが、信州の桜は1週間から10日ぐらい早いピッチで開花しています。天下一といわれる高遠城跡のサクラも早満開です。今年はあえて高遠エリアをはずし、駒ヶ根から中川、豊丘、喬木、清内路と南下する桜ルートを選びました。
この日は朝から快晴、春霞も殆どなく願ってもいない好天となりました。しかし、どうも色のノリに不満がでます。奈良の桜旅でカメラを落下させ、大衝撃を与えたことが影響しているのかも知れません。
この日の巡礼地は次の通りです。
1.栖林寺(駒ヶ根市)2.蔵沢寺付近(駒ヶ根市)3.中沢の枝垂れ桜(駒ヶ根市)4.栗林地区(駒ヶ根市)5.栖林寺(駒ヶ根市)6.吉瀬の枝垂れ桜(駒ヶ根市)7.望岳荘(中川村)8.美里(中川村)9.西丸尾(中川村)10.泉龍寺(豊丘村)11.笹見平の枝垂れ桜(豊丘村)12.氏乗の枝垂れ桜(喬木村)13.*市の沢の桜14.黒船桜(清内路村)
e0056449_2193536.jpg


by crewcs77 | 2009-04-11 20:40 | 風景

又兵衛桜

奈良(大宇陀)の名桜・又兵衛桜を訪ねてきました。
予報は晴れのはず。ところが朝は雲がかかり、太陽が顔を出すまでしばし待たなければなりませんでした。
e0056449_20295478.jpg


by crewcs77 | 2009-04-08 20:28 | 風景

リベンジに出向く

午前中に所用を済ませたところで、天気もどんどんと回復してきました。
こうならば、いざリベンジです。
昨日、廻った中で「ここぞ」と思うところに絞って廻ることにしました。
薄暮のライトアップは一番気に入った「くよとの桜」を選びました。
知る人しか知らない、俗化していない桜です。最高潮となる薄暮の時期、夢中でシャッターを切りました。
e0056449_2332258.jpg


by crewcs77 | 2009-04-05 22:54 | 風景

無常の曇天空

名古屋の桜もようやく満開となりました。
開花宣言から満開まで15日という記録的な期間を要したようです。
天気も期待はずれ、人ごみも避けたい、できれば初めての桜を・・・
と撮影地に悩んだ挙句、選んだロケーションは「飯田方面」となりました。
南アルプスの朝焼けが始まった頃から撮影は開始です。
頭上は青空が広がっています。
「しめしめ」と期待が高鳴ります。
最初の撮影地は高森町の瑠璃寺として、舞台桜から市内、さらに天竜峡の方面へ南下していくコースを設定しました。
瑠璃寺では斜光が降り注いでいたのも束の間、雲がどんどんと広がりはじめ、一気に天気が崩れはじめました。こうなれば撮影する桜はボテボテです。
飯田の桜はソメイヨシノは少なく、ヒガン系の桜が多いようです。
どの桜も一斉に咲き誇っています。
ここというポイントは、明日にもリベンジしたいところですが、午前中の所要が障害となって厳しいところです。
e0056449_2218945.jpg


by crewcs77 | 2009-04-04 22:20 | 風景