Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

激暑!

今日も37℃オーバーです。
全国の気温ランキング、今日も多治見が1番でした。
3番が岡崎、5番には豊田といかに愛知県が暑いかわかります。
朝は勢いよく啼くセミも暑さとともに静まりかえります。
朝のうちに“セミ撮り”をしました。
e0056449_161413.jpg

by crewcs77 | 2010-07-25 16:14 | アラカルト

モーレツな暑さ

連日にわたりモーレツな暑さが続いています。
エアコンの効いた室内から外にでれば、頭がくらむような暑さです。

暑さでストレスも一層に増します。
ホント、こんなときは深山に分け入り、秘湯中の秘湯で大自然のパノラマを眺めながら汗を流したいものです。

山の話題ですが、不幸が重なり4年前に消滅した「岳沢ヒュッテ」が槍ヶ岳山荘の経営下で再建されました。かつては上高地の奥座敷として、また重太郎新道越えの中継拠点として、栄えていましたが、06年オフの大雪崩により跡形もなく消滅しました。シーズンがあけ、再建準備の矢先にはオーナーが事故死によりお亡くなりになり、その後はシーズンに売店だけを開くという暫定的な対応が行なわれていましたが、結局はその継続も断念され、消滅したままとなっていました。

上高地から2時間半でつく別天地。
近いうちに、重太郎新道で奥穂高に立ちたいと思っています。
まずは、近々に岳沢まで偵察に出かけたいと思います。

今日も岐阜・多治見では全国一の最高気温を記録しそうな勢いです。
一方で今日のニッポン列島の最低気温は北海道の宗谷や根室地方では10~13℃と羨むような気温です。北海道だけではなく、最高気温の多治見に比較的近い、長野県(木曽)開田高原でも13.5℃ですから、隣接地に超別天地があるというなんとも皮肉なことになっています。
涼しさを求めて開田高原の朝を貼り付けておきます。
e0056449_13281025.jpg

by crewcs77 | 2010-07-24 13:28 | アラカルト

梅雨明ける

梅雨末期の局地的豪雨は列島に災禍を残しました。
ヒートアイランド現象などの影響でしょうか、近年はこうした豪雨が増えたように思います。
近年の梅雨は殊の他蒸し暑さを感じさせます。ニッポンも亜熱帯圏になったのかスコールと同じような現象です。
災禍の爪あとを残した梅雨はあけました。
朝から夏の空が広がりました。
夏の空をご当地「愛知池」から撮影しました。
水面が見慣れない色になっており、さながら南国の海を思わせるようなカットになりました。
e0056449_1728214.jpg

by crewcs77 | 2010-07-17 17:28 | 風景

さよなら餘部鉄橋

JR山陰線の餘部鉄橋が16日で約1世紀の歴史に幕を閉じました。
全長309メートル、高さ41メートル。
ヤグラ状の鋼材を組み合わせた無骨で壮大な外観は、消滅時期が迫るとともに脚光を浴び、近年では観光名所ともなっていました。
e0056449_17124623.jpg

by crewcs77 | 2010-07-17 17:14 | 鉄道

梅雨の晴れ間

この週末は梅雨の晴れ間となりました。
新しいカメラの感覚に馴染むため近場の撮影にでかけました。
まずは岡崎市の伊賀八幡宮の蓮の花を撮影して、その後、南知多花ひろばの「ひまわり畑」に行ってきました。
e0056449_1942274.jpg
e0056449_1943413.jpg

by crewcs77 | 2010-07-10 19:43 | 風景

Nikon D700導入

デジタル一眼レフを使い出してから丸8年が経過しました。
最初に使ったカメラはD100でした。2002年6月に発売されてすぐのことでした。当時価格は30万円。メディアカード(CF)も128MB。RAWで撮影すれば、数カットしか撮影できないし、書き込みも遅くストレスを感じたものです。D100を皮切りに、デジタル一眼の進化はめざましく、いまでは動画撮影機能がつくなど、当時では考えられなかったスペックになっています。
その進化ゆえに、カメラのライフサイクルも速く、2~3年での買替が必要となりました。
D100-D70-D2X-D300と世代を代表するカメラを使ってきましたが、ここにきて遅ればせながらD700を活用することにしました。現在メインで使っているD300はそれ以前のものと比較すると、完成度は高く、申し分のないカメラです。まだ寿命でもなくこの先も十分に使えるものですが、このあたりでDXフォーマットとFXフォーマットの使い分けでもしてみようかと思いました。
余裕があればD3Xでも持ちたいところですが、D2Xの二の舞(購入時は超高価でも時期を逸すれば市場価値は全くなし)になりたくないので3年ぐらいの消耗品という間隔でD700を選びました。
これまでD300を本務機にD2Xを補機として活用してきましたが、これでD2Xもお役御免。D100同様、化粧箱に収まることになりました。

D700のフルサイズ化によって、過去に処分した広角系レンズ悔やまれます。
唯一、AF-S28-70/2.8がAf駆動モーター不具合の状態で保管していましたが、これを修理して使う
ことにしました。修理だけでも廉価レンズが購入できるような費用ですが、抜けが良いレンズなので当面はこれをD700の標準レンズとして使うことにしました。本音はAF-S14-24/2.8EDが欲しいところですが・・・。
e0056449_19264268.jpg

by crewcs77 | 2010-07-10 19:15 | アラカルト

今年もあと半年

早いもので今年も半分が過ぎ去っていきました。
梅雨も本格的になり、ときおり見せる青空に爽快さを感じるものの照りつける太陽は真夏そのものです。遠ざかっている撮影ですが、ぼちぼち刺激が欲しくなってきました。本務機として活躍してきたD300もそろそろ限界がきそうです。今夏はカメラをリプレースしたいと思っています。
何せ、この暑さです。街の喧騒と暑さを忘れて、高原や山にでかけたいものです。
梅雨があければ、夏山シーズンになります。
今年も絶景を求めて白馬のスカイライン(稜線)を歩きたいと思っています。

3年越しで放映される「坂の上の雲」ですが、そのエンディングで使われた映像は、白馬スカイライン(小蓮華山)です。「一朶(いちだ)の白い雲をみつめ、山道を登っていくというイメージをもとに、神々しく、荘厳で品格のある山の風景を探した」ようです。その結果、小蓮華山の稜線をロケ地としたようです。
e0056449_214445100.jpg

by crewcs77 | 2010-07-01 21:48 | アラカルト