Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

宣告

人間であれ、ペットであれ、命が脅かされる「がん」を宣告されるのは辛いものです。

わが家の「こー太」、10歳6ヶ月。

岐阜大学付属動物病院で精密検査を受けた結果、「悪性の腫瘍(がん)」であると宣告されました。
しかも、「腫瘍が脳を圧迫し、いつ痙攣や麻痺が起こってもおかしなくない深刻な状況」と診断されました。

こー太の頭部にコブができ始めたのは数ヶ月前のこと。
すぐにかかりつけの獣徳会動物医療センターでみてもらいましたが、部位が部位だけに病理検査もリスクが伴い、同センターの検査では限界がるとのこと。
本格的な検査を希望するなら、CT検査装置など先進医療機器を備えた「岐阜大学を紹介する」とのことでした。

小さな腫れは日増しに大きくなっていきます。
再度、動物医療センターを訪ね、岐阜大学を紹介してもらうことになりました。

岐阜大学動物病院は、中部地区唯一の大学動物病院でCT検査装置や放射線治療が可能な先進医療設備が整っています。
二次治療機関として、一般外来の診療はなく獣医からの紹介のみの対応するという他にはない専門医療機関です。検査にかかる費用的なことは予め概算を聞いていましたが、難治性、高度検査・医療を中心としているだけに高額です。


こー太はここで
「CT検査」と「病理検査」を受けました。

即日に診断が結果がでました。
先述の通り、「がん」であり、「腫瘍は骨を溶かして頭部に腫上がっている」というものです。
すでに脳を圧迫しているようで異常がでていないのが不思議といわれました。
「いつ痙攣や麻痺がでてもおかしくない状況にある」と。

全身検査の結果、「転移は認められない」といわれましたが、脳の腫瘍だけにダメージは大きく致命的です。
治療方法やその費用など、ドクターはこと細かく、わかりやくホワイトボートに書いて説明してくれました。

費用のことは二の次、三の次。
悔いがないように最善を尽くしてやりたいと気持ちです。
ただ、最善の放射線治療は、毎週1回、平日に通院しなければならず、非現実なものでした。

できることは、腫瘍が拡大して脳にダメージを与えないように抗がん剤で抑制することです。
抑制できるかどうかはわかりません。
外科的な手術は不可能なのでそれしか方法はありません。

後日、正式な病理検査結果がでるので、そのデータを基に、どのような抗がん剤がいいか決定するそうです。
それが決まれば、かかりつけの動物医療センターで抗がん剤治療を受けることにしています。

いつかはやってくる愛犬との別れ。
覚悟はしていますが・・・宣告され、先が見えてくると悲しく、辛いものです。

当の「こー太」は痛がったり、気にしたりするそぶりなく過ごしています。
いたいけな眼差しをみるたびに、胸が痛みます。

こー太の場合、生まれながらにして劣勢遺伝(ロン毛)をもっていったので難病や奇病になる恐れがあるとは聞いていたものの、それが現実になった今はショックです。

こー太と過ごすのも、あと僅かかも知れません。
1日1日を大切にしてあげたいと思っています。
e0056449_200393.jpg

頭部にできた腫瘍(ケイタイカメラで撮影)
e0056449_19573423.jpg

元気に走り回っていた頃(2009年1月)
by crewcs77 | 2011-03-31 20:01 | 我が家のペットたち

桜咲く

今年の桜は少し遅めのようです。
早咲きの桜でいえば、約10日は遅れています。
岡崎の奥山田の枝垂れ桜は全く咲いていません。
名古屋市昭和区の香積院の枝垂れ桜は8~9割の開花といったところでしょうか。
山崎川の辺では気の早いソメイヨシノが開花していました。

「サクラサク」は喜びを伝える表現のひとつですが、今年はそれが実に辛いものです。
e0056449_200877.jpg
e0056449_2002584.jpg
e0056449_2003625.jpg
e0056449_2005086.jpg
e0056449_2005816.jpg
e0056449_201498.jpg

by crewcs77 | 2011-03-26 20:01 | 風景

がんばれ東北 がんばろう日本

ナゴヤドームで東北楽天のオープン戦が開催されました。
1ヶ月前から用意していたチケット。
ところが巨大地震の被災により仙台をフランチャイズとする楽天ゆえに、オープン戦そのものの開催が危ぶまれました。
20日(日)の試合は中止されたものの、18日(金)-19(土)の試合は東日本震災の被災者支援としてのチャリティー試合(収益金全額を被災者支援に充当)として開催されました。
試合前にはドームオープンデッキで両チーム選手らの呼びかけによる募金活動が行われ、沢山の人が列をつくって(新聞によるとその列、200m)募金をしたようです。
もちろん私も募金しましたが、選手らの活動が終わってからだったので、ドアラに募金を託しました。
この日に集まった募金は742万9,289円だったようです。

ゲームはレギュラーシーズンと変わりのないガチンコ勝負で、楽天は8本のヒットで攻め立てたもの
結局0-0のスコアで引き分けました。
楽天は満塁のチャンスがあったにもかかわらず3番岩村が三振に倒れ、好機を逃しました。

ゲーム終了後には、楽天の選手らがグランドに整列して、スタンドに一礼しました。
スタンドからは惜しみない拍手と、「がんばれ東北」「がんばれ楽天」の声援が響きました。

ちなみに、このゲームは被災状況に配慮して応援鳴り物がシャットアウトされて、観客の歓声だけという原点回帰した観戦でした。

e0056449_1034093.jpg

選手らは喪章をつけて
e0056449_1042684.jpg

e0056449_1045424.jpg

ライトスタンドから温かな拍手が起こる
e0056449_1061487.jpg

ゲーム終了後、支援に対する一礼をする楽天選手
by crewcs77 | 2011-03-19 09:41 | 野球

梅爛漫

弥生三月(3/5)

この時期になると賑わうのが名古屋市農業センターの「枝垂れ梅」です。
混雑を避け、8時過ぎに入園してきました。
来週の週末あたりが見頃でしょうか。
朝方は風もなく、澄み切った青空の下、春を感じさせる天気でした。
e0056449_2033519.jpg
e0056449_20354045.jpg


以下は3月13日に撮影
e0056449_19314093.jpg
e0056449_19322256.jpg
e0056449_19331640.jpg
e0056449_19334180.jpg
e0056449_1934261.jpg
e0056449_19341987.jpg

by crewcs77 | 2011-03-13 20:36 | 風景

名将逝く

HNKの実況中継をしていた内藤アナウンサーは
「これはもう奇跡というよりしかたありません」と。

朝日放送の実況中継をしていた植草アナウンサーは
「甲子園に奇跡は生きています」と

それぞれが実況中に「奇跡」と表現した試合。

作詞家阿久悠は、
『奇跡とよぶのはたやすい。
だが奇跡は一度だから奇跡であって二度起きればこれは奇跡ではない。
言葉がない。
言葉で示そうとするのがもどかしい一瞬でいいつくす言葉の奇跡がぼくにはほしい』

と表現し、この詩のタイトルを「最高試合」と名づけた。

そして、「最高試合」という詩は次のようにくくっている。

『熱く長い夏の夜  人々の胸に不可能がないことを教え 君らは勝った。
球史にのこる名試合は 
箕島・星稜
時は昭和54年8月16日。
君らの熱闘の翌日から  甲子園は秋になった』

箕島高校を率いた名将は校歌に送られて天国に旅立たれました。

http://www.youtube.com/watch?v=l6DCPvypX18



e0056449_20555398.jpg

by crewcs77 | 2011-03-09 20:55 | 野球

さよならジャンボ

日本航空のジャンボジェット機が引退しました。
空の名優が去る感じです。
鉄道でいえば、新幹線0系のように誰でも見分けがつく旅客機でした。
威圧感がある胴体、大きな翼。
どうしてこんな大きなモノが空を飛ぶんだろうと・・・と
ジャンボを見るたびに思うものでした。

ジャンボがデビューした1970年。
世はまさに大量消費時代に突入して「大きいことはいいことだ」(山本直純のCM)が風靡した時代でもありました。
数が、売上が全てをいやす時代でもありました。
40年たった今、航空業界も搭乗数の大小ではなく、搭乗率の高低がバロメーターになり、機体はダウンサイズしてきました。
一時代がまた過ぎ去っていきます。

JAL-ありがとうジャンボ
http://www.jal.co.jp/jumbo/event/movie.html

e0056449_19321894.jpg

by crewcs77 | 2011-03-02 19:32 | アラカルト