Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

名桜 駒つなぎの桜

撮影意欲が煮えたぎらない今日この頃。
撮影というより温泉ついでに阿智村から清内路、南木曽を巡ってきました。

駒つなぎの桜はほぼ満開といった感じですが、今日は雲が多く(昼には雨)陽射しが差し込まず。ときおり耀るなるのを待ちました。
威風堂々、今年も見事に咲き誇っていました。
e0056449_22205558.jpg

駐車場近くの民家では芝桜が綺麗に咲いていました。
e0056449_22242421.jpg


昼神温泉では花桃が旬を迎えています。
このGWは安近短の傾向といわれているだけあって、昼神やヘブンス園原は名古屋方面からのクルマで賑わっていました。
e0056449_2224585.jpg


そのあと、清内路では雨の夫婦桜を見て、南木曽の山間部にある富貴畑へ。
「ホテル富木の森」というところへたどり着き、ここで日帰り入浴をしてきました。
リゾート調で隠れ家風のなかなか素敵なホテル。
しかも、風呂(露天あり)は独り占め。
泊まれば最高でしょうが、気になるお値段は???
休日前で21,000円!
なかなかのもんじゃ。
せめて日帰り会席でも楽しみたいものです。
e0056449_22315455.jpg

by crewcs77 | 2011-04-30 22:31 | 風景

桜前線北上中

名古屋では散ったソメイヨシノも、中仙道馬籠あたりではまだ開花していません。
早咲きのエドヒガン系のサクラが満開でした。
春の陽気にまったりとしたときを過ごしてきました。

あすから少しばかり、真夏のバンコクへいってきます。
e0056449_22342915.jpg

by crewcs77 | 2011-04-17 22:34 | 風景

散りぎわの桜

天気もサクラも期待薄でしたが、樽見鉄道のサクラ撮影にでかけました。
木知原や谷汲口ではほぼ終わり。
日当駅では落花さかん、ときおり桜吹雪といったところです。

e0056449_20401886.jpg

e0056449_20404668.jpg

e0056449_20405891.jpg

e0056449_20411170.jpg

e0056449_20412582.jpg

e0056449_20414719.jpg

by crewcs77 | 2011-04-16 20:42 | 鉄道

どきっ!

3.11の大震災以降、はじめて東京へいきました。
新幹線が品川をでて、終点の東京にむけて緩やかに加速したところで、列車内で一斉にケイタイが鳴り響きました。
私のポケットの中でバイブレーションしています。
「緊急地震速報」です。

知る限りでは「緊急地震速報」がでたら列車は止まるはずですが、停車することなく東京駅に滑り込みました。
これだけ余震が続いていますから、慣れっこになったのでしょうか。

東京は駅も暗く、列車も区間によって車内灯を消したり、エスカレーターを停止させたり・・・
節電モードです。
こうした努力で計画停電が回避され、落ち着きを取り戻しつつあるのかと思いました。

日経新聞本社で報道写真ギャラリー「記憶」が開催されています。
立ち寄ってみました。
動画とは違った、「写真の力」というものを感じました。
「忘れてはいけない“記憶”を刻み込もう」とあります。
70点あまりの写真は、後世に語り継ぐ記録といえます。
e0056449_22163151.jpg
e0056449_22163937.jpg


「こー太」のこと。
相変わらず、普段と変わりない生活を送っています。
くしゃみの回数が増えてきたのが気がかりです。

このブログをご覧いただいているみなさんからメールでお気遣いや励ましをいただきました。
この場を借りまして、お礼申し上げます。
ありがとうございます。
by crewcs77 | 2011-04-13 22:19 | アラカルト

桜は咲いたが・・・

春らしい柔らかな陽射しがふりそそぎ、桜が満開です。

いつもなら、弾むような気持ちで撮影にのぞんでいますが、今年はその気持ちになれません。

昨日の日曜日は「こー太」の治療の可能性を求めて、高度治療ができる「南動物病院」につれていきました。
南動物病院では放射線治療が可能で、その期待を寄せていきましたが、結果としては治療を断念せざるを得ない状態でした。

治療ができない最大の理由は、以前からの持病であったヘルニアの影響で極端な低タンパクで治療のリスクが高すぎるというものです。

低タンパク状態は抗がん剤治療さえ困難という結果でした。

「なんとか・・・」という思いがあったのですが、それさえも打ち砕き、納得せざるを得なかったのは「余命わずか」という診断結果でした。

治療で寿命を縮める、苦しませるよりも、緩和的処置をとりながら余命を過ごさせることを選択しました。

e0056449_1941061.jpg

by crewcs77 | 2011-04-11 19:41 | 動物

Don't Give up

被災地では、この週末、自衛隊と米軍あわせて25,000人体制で沿岸部を中心に行方不明者の捜索が行われました。
いまだ行方不明は16,000人あまり。人海戦術ともいえる集中的な捜索を行っても3日で発見できた不明者は70数人・・・。自然の猛威は人知を超えるものであることを思い知らされます。

大津波が発生してから3週間強。
沖合いの漂流物に乗っていた犬が救助されただけでも熱いものを感じます。

被災地はもちろんのこと、日本はいま戦時中にあるといえるかもしれません。
地震や津波といった自然との戦い、そして原発放射能・・・

そんな中で自衛隊は10万7千人の隊員を動員して、災害直後の人命救助から災害支援まで献身的な活動を展開しています。
メディアを通じてになりますが、今回ほど自衛隊の存在と力を感じたことはありません。

さらに言えば、同盟国である米国には頭が下がる思いです。
米軍は空母ロナルド・レーガンをはじめ艦船19隻、航空機140機、物資運搬230トン、派遣人員18,000人。
同盟国として、史上空前の規模で支援を続けてくれています。
そして、在日米軍は「トモダチ作戦」として救援活動を展開しています。
(自衛隊を「暴力装置」と罵った元官房長官、米軍基地を邪魔モノ扱いしていた現政権。現政権はいまの献身的な活動をどうみているのだろうか・・・)

自動車をはじめとする基幹産業は完全に停止しました。
震災後、数週間は稼動を止めなかった部品製造業も4月になって生産調整を余儀なくされてきました。
4月以降、ますます深刻になりそうです。

あちこちで自粛ムードが蔓延し、自粛不況なる言葉まででてきました。
感情的にはわかるのですが、こんなときこそ他地域は経済活動につながる活気溢れる活動をして欲しいと思います。
(個人的にはプロ野球の開幕延期にも異議をもっています~関東でのナイター中止は同感ですが、プロ野球は、遊びでもなく、「プロ」であり、「産業」です。ニッポンの知られざる基幹産業は旅行をはじめとした「レジャー関連産業」です。
旅行とかが敬遠される今だからこそ、プロスポーツや興行など盛り立ててもらいたい・・・経済の活性化こそが何よりもの支援になると思うのですが・・・)

e0056449_19383070.jpg

e0056449_19392194.jpg

by crewcs77 | 2011-04-03 19:39 | アラカルト