Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

老犬「ちび太」

ある人から「ちび太はブログに登場しない」との指摘を受けました。
「そういえば・・・」

ちび太16才。
チワワとシーズーのMIX犬です。

「ふー太」との同居を嫌がり、2階の部屋で隠居生活に入りました。
朝、夜の散歩は元気にでかけますが、日中はひたすら微睡ろんでいます。

数年前に胆石になり(今は回復)、そのときから療養食を与えています。
これが美味いのか、それまでの偏食がなくなり、ダイエットが必要に。
難点はこのエサが高いこと。
1キログラムあたり2千円だから、我が家では一番の食材を食べています。
1回あたりのエサの量が少ないので良いものの、これが大型犬だと大変なことです。

寒さに弱く、毛布に包まるネコみたいな犬です。
e0056449_2165383.jpg

by crewcs77 | 2012-01-31 21:07 | 我が家のペットたち

終焉

初代のぞみとして登場した500系も終焉のときを迎えた。
見向きをしなかった車両であったが、カウントダウンが始まり過去に撮影した画像を探してみた。
撮影した当時はまだ主力車両として活躍していた。
e0056449_22512061.jpg

by crewcs77 | 2012-01-29 22:51 | 鉄道

ふー太 4ヶ月

柔らかな陽射しがあるものの気温は5℃。
風が冷たい一日。

4ヶ月を迎えた「ふー太」を連れて、近くの河川敷で長玉動態撮影訓練。
e0056449_21243275.jpg

by crewcs77 | 2012-01-29 21:24 | 我が家のペットたち

美しきニッポン

「日本列島いきものたちの物語」が2/4に封切られます。
屋久島のヤクニホンザルは動物写真の巨匠、岩合氏が撮影されました。
シカとロデオをするサル(どちらも野生の世界)、ほかにも稀にみるシーンがあったそうです。

岩合氏とは2005年に撮影でご一緒させていただく機会があり、また今回は偶然にも同宿となり夕食後談笑させていただく機会を得ました。
屋久島の撮影はじめ撮影ロケの秘話をいろいろとおうかがいすることができました。

また、今回も写真家・小林義明氏とは毎日のようにご一緒させていただきました。
小林氏の写真展が次の日程で開催されています。

「いのちの景色 北の大地から」
 ▽2012年1月26日~2月1日
 ▽四谷・ポートレートギャラリー

「いのちの景色 タンチョウ物語」
 ▽2012年2月1日~29日
 ▽御徒町・フォトギャラリーUC

ナチュラルガイドの若狭政信さんとも2年ぶりの再会でした。
少し先になりますが若狭さんの写真展も以下の日程で開催されます。

 「北の楽園~君に逢いたい」
 ▽2012年3月14日~3月26日
 ▽PENTAXフォーラム(新宿)


今回の鶴居は、後半はコンディションは恵まれませんでしたがIさん、Tさんと旧知の仲のように合宿し、また“その道”で活躍される方々とひとときを過ごせ充実した日を過ごすことができました。
(氷点下15℃の「美人の湯」は何よりの癒し)
みなさん、ありがとうございました。
e0056449_20414644.jpg
e0056449_20415772.jpg
e0056449_2042989.jpg
e0056449_20421649.jpg
e0056449_20422510.jpg
e0056449_20424043.jpg

by crewcs77 | 2012-01-29 20:42 | 動物

北の汽車ぽっぽ

1月22日(日)

朝から生憎の雪。
気温も高く、タンチョウ撮影はいまひとつ。

ふくろうさんに会いに行くがお留守が続く。
大事な会議があって「しばらく不在」のようだ。

しょうがない。
運行2日目のSL湿原号を撮って鉄分を補給することにした。

相談の結果、場所はお手軽な「塘路」出発に。

今回の鶴居詣では東京のIさんと千葉のTさんと釧路空港で待ち合わせて2年ぶりの再会となる。
二人とも職業は鉄道マン。
Tさんは国鉄時代に電気機関車の運転士(JR後は電車)。

「塘路発車」15分前ほどからスタンバイ。
横にいるT氏はカメラをぶらさげ「投炭訓練」に入る???
なんでも横浜機関区時代に「投炭訓練」をしていたそうな。

Iさんは別の場所から撮影。
そばには鉄道写真家のY氏がいたらしい。

「塘路“定刻”発車」
2ヶ所でドレーンを切ってしっかりと見せ場をつくってくれる。

通過とともに、鉄ちゃんらは一斉に散っていく。
追っかけが始まる。

わたしらは汽車が目的ではないので、再び鶴居に戻り、タンチョウ撮影に勤しんだ。

e0056449_207445.jpg

e0056449_2075697.jpg

by crewcs77 | 2012-01-29 20:08 | 鉄道

VSオジロ

重たい長玉レンズを振り回し、連続追尾するだけでも精一杯。
一撃を撮りたい執念の反面諦め半分。
あとは運まかせ。
そんな心境で臨むいつも場面。
出来栄えを見ては「ふ~~~mm、がっくし」
e0056449_222436100.jpg

by crewcs77 | 2012-01-24 22:25 | 風景

夕鶴慕情

1月21日 午前3時48分。

北の落日は早い。
テーマは沈みゆく太陽に鶴のシルエットをいれること。
しかし、タンチョウもそうやすやすと機会を与えてくれない。

「絶好のチャンス」到来!!
残念ながら、このチャンスが活かせない。
「次こそは」と何度、決意を繰り返すことか。

あえて言い訳をするなら、木々が年々成長してタンチョウの飛行コースより高くなっている・・・
気がする。
e0056449_21505993.jpg

by crewcs77 | 2012-01-24 21:50 | 風景

雪裡川情景

1月21日午前7:22 気温:氷点下15℃

やや緩やかな冷え込みで気嵐が起こるが、黄金色にまで至らずいまひとつ(?)
滞在中3回の撮影チャンスがあるものの、後半の2日は雪。
様子を見にいくも、気嵐もなく速攻で宿に戻り、温泉で寛ぐ。
最終日は様子さえも見に行く気にならず、惰眠をむさぼりました。
e0056449_21161163.jpg

by crewcs77 | 2012-01-24 21:16 | 風景

2012年初撮り

遅ればせながら
新年おめでとうございます。

20日から2年ぶりの鶴居にでかけていました。

4日間のうち、後半の2日間は生憎の大雪に見舞われ、苦戦を強いられました。
何より、欠航便が相次ぎ復路のフライトが心配でしたが、急遽予約便を変更してなんとか名古屋に
帰ることができました。

また改めて画像はUPしますが、「雪降る中のタンチョウ」と「汽車ポッポ」をUPします。
“二兎追う者は一兎も得られず”と今回の目的はタンチョウ撮影に専念する予定でしたが、生憎の悪天のため、ほんの少しばかり鉄分補給にでかけました。
e0056449_23212030.jpg

by crewcs77 | 2012-01-23 23:21 | 風景