Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

若鮎踊る

若鮎の遡上が盛んというので矢作川のポイントに向かった。
残念ながら、ここ数日は水温が低く、遡上する鮎は数が少ないという。
予兆もなく瞬きよりも早いスピードで遡上するものだから、易々と撮影できるものではない。
e0056449_1550163.jpg

by crewcs77 | 2012-05-13 15:50 | 風景

小堤西池のカキツバタ群落地

自宅からクルマで5分程、国指定の天然記念物である「小堤西池のカキツバタ群落地」(刈谷市)に散歩がてらの撮影にでかけてきた。
一番花から二番花の開花の時期で池を群青に染め始めていた。
e0056449_11532020.jpg

e0056449_1151578.jpg

by crewcs77 | 2012-05-13 11:51 | 風景

平谷村の大滝

売木村の丸畑渓谷を断念して、平谷村を経由して中央道で帰名することにした。
途中、国道153号線治部坂峠に手前にある「大滝」に立ち寄った。
落差41メートル、このあたりでは珍しく名の如く大きな滝であった。
e0056449_11383071.jpg

e0056449_113844100.jpg

by crewcs77 | 2012-05-12 11:26 | 風景

山微笑む

愛知県と長野県とにまたがる茶臼山山麓の標高1000m付近は新緑と山桜が競演し「山笑う」と季節となっている。
光線状態と強風のため、撮影にはいまひとつであったが、唐松の新緑と山桜が見事に調和しているスポットがあった。
e0056449_112538.jpg

by crewcs77 | 2012-05-12 11:18 | 風景

マイナスイオンを求めて

茶臼山から売木村方面を目指して新緑と渓谷の風景狙いででかけた。
晴れわたる青空ではあるが、風が強く葉が裏返る。

最終目的地は売木村の丸畑渓谷としていたが、土砂崩れのために到達できなかった。
e0056449_11163137.jpg

by crewcs77 | 2012-05-12 11:09 | 風景

山岳遭難相次ぐ

北アルプス山麓は桜が咲き、新緑の芽吹きが美しい時期であるが、山の稜線はいまだ冬の装い。

ちょうど先月に「レスキュー最前線--長野県警察山岳遭難救助隊(山と渓谷社)を読んでいたところなので、このGWにおける遭難を憂慮していたが、残念にも複数の遭難事故が発生した。

白馬岳を目指していた6人のパーティーは小蓮華岳を越えた三国境付近の尾根で発見されたという。
通常であれば白馬岳(白馬山荘)まではあと約60分。白馬大池まで引き返せば115分。
ベテランでもあり、それなりの装備もなされていたようだから、「なんとか」と踏ん張った末かも知れない。新聞報道にも書き表されているが「引き返す勇気」というのが大事であることを思い知らさせる。

殊、吹雪になっていたという。稜線での突風がいかほどであったかも想像できる。
私も未熟ながら何年か前に、同僚らと9月下旬の御岳に登山した折に、頂上の稜線に体験したことがない突風に煽られた。地に這うしかなく、這っても小石が体のあちこちにあたり生きた心地がしなかった。標高が3千m付近であるので、気温は氷点下を示していたと思う。体感温度はそれ以上で、手袋をしていても指先が麻痺していたことを思い出す。
「頂上間近・・・ここまできたから」
強風に煽られ、心細い心境ではあるがとても引き返す心理にはなれないもの。

数々の教訓を下に「山は怖いもの」。
山に対する、自然に対する畏怖をもって登山を愉しみたいものである。

6人のパーティーはこのあたりで発見されたと見られる。
e0056449_21275117.jpg

ベストシーズン、好天であれば「爽快な登山道」であるが・・・
e0056449_21284610.jpg

ここまでくれば前方の「白馬岳」は指呼のところであるが・・・
e0056449_21285726.jpg

by crewcs77 | 2012-05-10 21:29 | アラカルト

わんぱく盛り

8ヶ月を迎え、わんぱく盛り。
こー太のときもこの頃は手こずったものであるが、さすがに同じ犬種。
育て方が悪いのか、こー太以上のやんちゃぶりを発揮してくれる。

飛騨・奥美濃の撮影から帰宅後、近くの河川敷で思いっきり走らせてみた。
e0056449_20124969.jpg
e0056449_20125717.jpg

by crewcs77 | 2012-05-05 20:05 | 我が家のペットたち

国田家の芝桜

途中、カタクリ群生地などに立ち寄り明宝まで南下し、国田家の芝桜へ。
見頃を迎え、山間部では異常とも思える渋滞。
3000平米といわる斜面に、約50年前から個人で育てきたというから立派なもの。
人々に楽しんでもらうために開放されているのだからなおさら。
e0056449_2004295.jpg

by crewcs77 | 2012-05-05 19:47 | 風景

新緑のせせらぎ街道

清見からせせらぎ街道を南下し、途中の大倉百滝に立ち寄った。
清々しい風に鮮やかな新緑。森林浴の絶好地であるが、機材をもっての登攀が体に応え、途中で断念
して次なる目的地へ向かった。
e0056449_19455889.jpg

e0056449_19461717.jpg
e0056449_19462440.jpg

by crewcs77 | 2012-05-05 19:38 | 風景

西光寺の枝垂れ桜

荘川桜を撮影した後、清見へ移動し、西光寺の枝垂れ桜を訪ねた。
推定樹齢800年以上といわれるだけあって威風堂々としている。
e0056449_1936335.jpg

by crewcs77 | 2012-05-05 19:29 | 風景