Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

<   2013年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

コーギー多頭飼い 仲良くなれる?

ぽん太を迎えて1週間。
日曜日の朝は粉を撒いたようなパウダースノーがデッキ一面に広がっていましたが、日中は風もなくデッキでわんこを遊ばせました。
多頭飼いは最初が大切。先住犬が焼もちを妬いたり、敵対心を持たないように心がけていますが、「ふー太」も慣れてきたようで、“いまのところ”「ぽん太」に穏やかに接しているようです。
e0056449_2055148.jpg

e0056449_2143357.jpg

ふー太は17歳のちび太と遊びたいみたいですが、ちび太は“我関せず”、個室で悠々自適の隠居生活を送っています。
by crewcs77 | 2013-01-28 20:56 | 我が家のペットたち

はじめまして「ぽん太」です。

e0056449_2153253.jpg

はじめまして。
ウエルッシュコーギー・ペンブロークの「ぽん太」です。
Wコーギーペンブロークは断尾をするため普通はシッポがありませんが、ボクはシッポ付です。
2012年11月12日船橋市生まれです。
「故こー太」「ふー太」に続き、3頭目のコーギーとして迎え入れました。
by crewcs77 | 2013-01-20 22:59 | 我が家のペットたち

AF-S Nikkor 14-24㎜ F2.8G 撮影作例

何れもD700にて手持ち撮影。

(1)新幹線車内より
ISO200  F10 1/250 24㎜
e0056449_21115842.jpg


(2)東京駅
ISO200  F8  1/200 14㎜
e0056449_21132841.jpg

ISO640 F5.0 1/40 14㎜

(3)浅草駅
ISO640 F3.2 1/40 14㎜
e0056449_21162815.jpg


(4)東京スカイツリー
ISO3200 F2.8 1/20 14㎜
e0056449_2118461.jpg


超広角にして歪曲収差は驚くべきものです。
ナノクリスタルコートによって逆光にも非常強く、満足度の高いレンズです。
by crewcs77 | 2013-01-20 21:18 | 風景

パノラマ東京

カメラ:NikonD700 レンズ:AF-S14-24/f2.8G(14㎜域で手持ち撮影)
撮影データ:画像埋め込み情報参照
東京タワー方面を展望。

D700の強さのひとつである高感度と広角レンズによる低シャッター速度を活用して話題のスカイツリー展望台が撮影しました。
首都東京のダイナミックな夜景。この夜景を見たら、ほかの夜景はショボイが感じがするぐらいの光景が広がっていました。
e0056449_20421192.jpg

by crewcs77 | 2013-01-20 20:42 | 風景

タンチョウに行きたい!!

「単調」に行きたいではなく「丹頂」に行きたい!
冷え込む朝を迎えると、ついつい今朝の音羽橋(鶴居村)は何℃位だろうと気になる。
思えばタンチョウの独特の啼き方が耳に響いてくる。幻聴、幻覚を起こしてしまう。

今冬はかなわぬこと。
レンズもウズウズしてその時を待ち焦がれている。

JALも再建していることだし、中部-釧路便を復活してくれないかな?
乗り継ぎだと不便を感じてしょうがない。

ちなみにこの装備、搭乗カウンターでしっかりと別料金を徴収されます。
e0056449_8243654.jpg

by crewcs77 | 2013-01-19 08:25 | アラカルト

AF-S Nikkor 14-24㎜ F2.8 ED

e0056449_20222748.jpg

最近は撮影機会が激減してきたので、以前ほどとは言わないまでも今年はもう少し精力的な撮影活動をしていきたいと思っています。(時間と心の余裕があればHPも再編成したいと思うのですが)
勝手なテーマは「広角で表現する」です。
これまでD300(DXフォーマット)を中心に活用してきたのですが、2年前に購入したD700(FXフォーマット)は殆ど使っていない状態でした。
D700を標準系で使うときは、古典的なレンズAF-S28-70 F2.8を使っていましたが、何しろ、このレンズは重く、D300との併用ではあまり価値がありませんでした。
“遊休資産”では面目ないので、D700の“資産活用”も兼ねて、広角ズームでは定評のあるAF-S Nikkor 14-24㎜ F2.8 EDを導入することにしました。
DXレンズでは活用度が限定されますが、従来タイプであれば両刀使いができるのも魅力のひとつです。
さっそく部屋内で使ってみましたが、この画角領域は未知のもので魅力です。
(DX10.5㎜やDXでTokina11-35は使用していましたが、フルサイズとしては初モノです)
ネックは「重い」。重量1,000g。それとレンズが球面化していてフィルター装着できないのでレンズ保護に気をつけねばなりません。犬で試し撮影をしたところ、レンズ表面をなめられてしまいました。
さて、どんな創作ができるものか乞お楽しみです。
by crewcs77 | 2013-01-15 20:24 | アラカルト

そうだ 湖北に行こう!

e0056449_2204538.jpg

今日の午前中、“冬の美景”画像を整理していて「今日は絶好条件」とばかりに湖北の夕照狙いに出かけてきました。
午後の出発時に名古屋地方は雲がでてきましたが、名神で滋賀県に入ると「狙い通り」。
天気は晴朗、風は殆どなし。
はやる気持ちでビュースポットへ向かいました。
どこで撮るか迷いはありましたが、午後3時から最後まで同じ場所で粘りました。
湖面はほぼ鏡、太陽は雲に遮られることなく比良山系に落ちました。
落日前に冬の使者コハクチョウが演出をしてくれました。
by crewcs77 | 2013-01-12 22:04 | 風景

Snowmonkeys~冬の美景(12)

e0056449_0293851.jpg

冬の志賀高原・地獄谷を訪れたのは2003年1月のことであった。
厳冬の中で温泉に浸るニホンザルの姿は格好の被写体であった。
デジタル一眼の魅力にとりつかれ夢中になり始めた頃の処女作に近い作品がこれ。
某デジタル企業のフォトコンテストに応募したところ、なんとこれが特賞となった。
これに気を良くしたこともあり、この年は一年にわたって毎月片道350kmの道程を通い、四季を通じた撮影を行なった。
のちの2005年にはホームページ「信州発おサルさんからのたより」を制作。
そのホームページをIT業界のホームページコンテストに出したところグランプリ次位の愛知県知事賞を受賞することができた。

最近は出不精になったが、今でも地獄谷のおサルさん撮影は私のライフワークと思っている。
この冬は万を持して豪雪の機会に訪ねたいと思っている。
e0056449_0295395.jpg

by crewcs77 | 2013-01-12 14:07 | 風景

タンチョウ飛翔~冬の美景(11)

e0056449_043375.jpg

2005年の夏以来、道東に向かいタンチョウを撮影するようになった。
by crewcs77 | 2013-01-12 13:52 | 風景

常念岳飛翔~冬の美景(10)

e0056449_2351911.jpg

安曇野はコハクチョウの飛来地として毎年1000羽近くがここで冬を越している。
コハクチョウを撮り始め頃はコハクチョウだけを被写体としていたが、長玉・手持ちで撮影するにはそれさえ厳しく、とにかく被写体をフレームにいれることだけに専念していた。
ガスが抜け、安曇野のシンボル常念岳が映える。
重たいレンズを振り回し、ハクチョウがフレームに入り、ピントが合うことを祈る。

デジタル一眼を使い始めて、動物にもハマリだした。
ハクチョウ撮影が嵩じてやがてはタンチョウに傾注していった。
by crewcs77 | 2013-01-12 13:32 | 風景