Digital 四季彩感-森羅万象-PhotoBlog

夏の汽車ぽっぽ

大井川鉄道にはよく撮影にいくが、夏の撮影機会は設けたことがなかった。
定番の季節は、桜咲く春と秋に特定していた。なぜなら、それ以外の季節は目的の汽車が
1日に1往復しか運行されないから非効率極まりないからである。まぁ、いまどき汽車が走る、汽車を撮影するということは貴重なのであるが、いくら近場とはいえ、1日を費やし1往復だけ
撮影するというのは勿体ない。これが春や秋は1日に3往復してくれるのだからありがたいし、
そのときこそが絶好の撮影チャンス日和となる。
それに、夏はどうしても山や高原に足が向く。だから撮影順位は、どうしても低くなってしまうのである。ところが、今年はひょんなことからというよりも縁があって撮影に行くことになった。
その縁とは、電話があり、実兄の友人が昨年の夏から「鉄の魅力に回帰し、大井川へ行くという。自分も行きたいが仕事で都合がつかない。もし都合がよければ案内方々どうだ」と誘われ
た。しかも、予定している日程は3往復の運行だという。
たまたま、何もスケジュールが入っていなかったので、現地で待ち合わせをして「夏の汽車撮影」を楽しむことにした。
兄の友人と会うのは実に30年近くの歳月を経てのことである。
兄を含め高校時代は写真部に所属し、蒸気機関車終焉時代は関西線をグランドに、九州、山陰、能登、北海道と汽車を求めて全国を追いかけた先輩方である。それが昨年、兄と一緒に敦賀で運行したC56を撮影して、終焉以来、遠ざかっていた鉄への思いが甦ってきたという。
3往復の運行とはいえ、移動や待機時間は多くある。2人で移動していると昔のことや写真のこと、さまざまな話題が次から次へと飛び交う。慌しい移動ではあったが、撮影するのみならず
、楽しいひと時を過ごすことができた。
人には幼少の頃に憧れたものや青春時代に夢中で取り組んだものが必ずといっていいほどある。子育てもそこそこに終え、人生の峠を越えたときに、また夢中で取り組めるものが発掘できることは素晴らしいことだと常々思っています。

また、こうした機会があることを楽しみにしたいものです
e0056449_19241576.jpg

Nikon D2X AF-S DX17-55/2.8(大井川鉄道 青部-崎平)
# by crewcs77 | 2005-08-13 19:17

首位攻防第3ラウンド・今日も勝って絶対優勝だ!

この夏休みの楽しみにしていたドラゴンズ3連戦も3戦目を迎えた。次の直接対決は8月末の甲子園まで持ち越しである。
この日の観戦(というより応援)相棒は、嫁である。
7/30の甲子園で散々たる試合を楽しんだのも相棒は嫁であった。どうも勝ち運がない相棒だ。
まぁ、今日はそんなジンクスも破ってもらおう。
先発は安藤。4回を終了して1-3。今日も金本の一発がライトスタンドに突き刺さった。
しかし、今日も緊迫したゲーム展開だ。このままリードを許しゲームセットとなるのか。
勝利の女神はまだ考え込んでいるようだ。
5回、ようやく試合は大きく動き出した。阪神はヒット6本を重ねて一気に逆転した。さらに7回には、金本がこの日2本目となる特大アーチをライトに運ぶ。レフトスタンドは狂喜乱舞の集団と化している。8回にはシーツのタイムリーで2得点を加え、ゲームは8-4のダブルスコアーで楽勝した。

やれやれ!第1ラウンドの負け方ではどうなることかと案じたが、0.5差に肉薄して追いすがるドラゴンズを突き放した。
週末は読売3連戦だ。ロード真っ只中。予断を許さないが、このロードを勝ち越すことがあれば、優勝は150%の確率になるはずだ。

ドームを出た途端、空腹感が襲ってきた。
駐車場から車を出し、帰宅途中のファミレスで遅い夕食をとることにした。
応援ジャージは脱いだが、二人ともTシャツはタイガースのロゴが入っている。これが関西であれば全く気にすることはないが、ここはナゴヤである。躊躇するものがあったが、そのまま店に入った。案の定、近くの席で「今日は阪神戦だったんだ」とひそひそと話す声が聞こえた。
今度から、ちゃんと着替えをもっていきましょう。

e0056449_214829.jpg

「金本のHRに沸くレフトスタンド」Nikon D2X AF-S DX17-55/2.8 Photo By CREWCS
# by crewcs77 | 2005-08-11 20:43 | 野球

首位攻防第2ラウンド・今日は勝つぞ!

今日も4時過ぎからナゴヤドームに陣取る。今日こそ勝つぞは、虎党全ての思いだ。
先発投手は「福原」だ。これまで福原はいいピッチングを続けているが勝ち星に恵まれない悲運の右エースだ。阪神にとってはロードのジンクス、ナゴヤドームでのジンクス、福原先発のジンクス・・・どれをとっても期待できる要素はない。
が、今日も初回からレフトの大歓声がナゴヤドームに響いた。アニキ・金本の一発は「らいとすたんどへ~~」のヒッティングマーチに乗って、敵陣ライトスタンドへ飛び込む3ランHRとなった。
試合結果は5-3で勝った。ゲームセットまで手に汗握る首位攻防。なんとかゲーム差を決戦前の1.5差に戻すことができた。

昨日の負け方が負け方だけに、試合終了後、ナゴヤドームは大いに賑わった。
これでナゴヤでの首位陥落はありえなくなった。

地下鉄へ続くへ人の列・・・昨日と打って変わり「六甲おろし」の大合唱が闇夜に響き渡る。

e0056449_20412242.jpg

「さすが、金本。24号3ランはお見事!」Nikon AF-S300/2.8 Photo By CREWCS
# by crewcs77 | 2005-08-10 20:42 | 野球

首位攻防第1ラウンド

優勝した2003年ほどの勢いはないが、今年のタイガースは優勝を狙える戦績でここまでやってきた。2003年はとにかくとして、それ以外においてこの暑い夏場まで首位を独走するということは稀であっただけに、全国1億、虎党としては嫌が上にも盛り上がる。
順調に独走態勢を築いてきたタイガースであるが、オールスター以降、一進一退の星取りとなっている。一方、一時はタイガースと10ゲーム差をあけられていたドラゴンズは破竹の勢いで連戦連勝をしてきて、名古屋ドームで真夏の首位決戦が繰り広げられることになった。
恐らく、そんな状況になると予想しており、ナゴヤ3連戦全てにおいて外野応援席を確保しておいた。

タイガースにとっては鬼門ナゴヤといわれるぐらいナゴヤでは勝てない。
しかも、7月末に聖地甲子園において悲惨なゲームを見たばかりである。
この日も冷々での観戦であったが、序盤より阪神タイガースは猛攻を見せ、5回で7-1の大差で勝っていた。
「ドラゴンズもタイガースの実力の前には大したことはない。今日は間違いなく勝ちもいただき」と楽勝ムードで観戦していた。

ところが、悪夢は5回裏にやってきた。
失策、ヒットの繰り返し。長い長いドラゴンズの攻撃。あれよあれよいう間に打者13人の猛攻を受け、撃沈!終わってみれば11-7でゲームセット。
しかも、首位タイガースとドラゴンズのゲーム差は0.5と肉薄してしまった。
うなだれてナゴヤドームを後にする虎党。腹の中では「あしたは見とれ!」という思いで蒸し暑い闇夜に消えていった。

それにしても、全国虎党は熱い。球場でのコスチュームも年を追うごとに奇抜になっている。
今やどの球場も巨人戦ではなく、阪神戦が超満員になるという。
グランドで闘う選手以外に外野スタンドでも熱い戦いが行われている。ここに初体験者が入り込めば一種威容な雰囲気になるのは間違いない。一種のお祭り気分を味わうことができる。
履歴書や略歴書の趣味の欄に「読売ジャイアンツ」と書く人は殆どいないだろう。しかし、熱きファンが多い阪神タイガースにおいては、これを平気で書く人がいるという。それも経営者に多い。
先日も日経産業新聞の経営トップの紹介欄に趣味「阪神タイガース」と書いてあった。

さぁ、とにかく明日こそはドラゴンズを叩くぞ!
e0056449_2018117.jpg

「おい、井川!エースだろう!エースらしい仕事をせいよ!早く髪を切ってこい!」
Nikon D2X AF-S300/2.8 Photo By CREWCS
# by crewcs77 | 2005-08-09 20:19 | 野球

爽快・雄大な山岳風景

山小屋の朝は早い。
夜が明けぬ、4時。
表銀座を縦走する人や燕岳でご来光を迎えようとする人々で山小屋は慌しくなる。 雲が満ち溢れた東の空が徐々に耀さを増していく。この時期は志賀高原から陽が登る。
南西の空は夏特有の青い空。燕岳は北アルプスをパノラマで望める絶好地である。
日の出前30分ぐらいはシャッターチャンスの連続である。刻々と変化するからどのカットが最高のものとなるか正直わからない。
気がつけば、メディアカードの容量がなくなっていた。ポケットに入れたはずの予備カードがない。ありゃりゃ!最高の場面を迎えながら、あえなく撃沈。予定よりも山小屋から離れたために、取りに戻る余裕がない、しょうがいから撮影したカットを適当に削除することになった。
ご来光後、山小屋に戻り朝食をとる。2番手の食事であるが、時間はまだ5時半である。

朝食後、山小屋を出発して、燕、北燕岳に登り、コマクサの群生を撮影する。燕岳山頂直下で念願の雷鳥に出会うことができた。しかも親子で登場してくれた。山小屋へ引き返すと花畑の中にひな4羽をつれた雷鳥にも出会うことができた。

午前8時10分、パノラマを満喫して下山を開始した。
下界からどんどんとガスが湧いてくる。
笠が岳が雲で覆われた。あと1時間もすれば、あたりはガスで覆われるであろう。
これが夏特有の山の天気である。

登攀より下山の方が足に負担がくる。負担を回避するために、小幅で下さるが、「こんな急なとこを登ってきたのか」と思うぐらいだ。
出発した登山口が近づくにつれ、足は棒となりだす。
3人一組であったが、途中から自分のペースで下ることを申し合わせた。
第3ベンチで一服した以外は、ノンストップで登山口を目指した。

ほどなくして長男が下山してくる。
女房が下りてくるまでに駐車場へ車をとりにいく。車を登山口に回しても、なおも下りてこない。
しばらく待っていれば、顔をしかめて下山完了だ。どうやら、急に足が痛くなって大変だったらしい。これも次回への反省。「下山、マイペースで」とはいえ、山では危険なことである。

まぁ、人生もこんなものかも知れない。お互いの存在を感じながら過ごしていくことが大事であると言える。

e0056449_22302481.jpg

「燕岳稜線からの朝焼け」Nikon D2X AF-S DX17-55/2.8 Photo By CREWCS
# by crewcs77 | 2005-08-08 22:31

夏山登山・燕岳をめざして

この休みは前半にメインイベントを作っておくことした。でも、不安定な天気が続くと後半へ持ち越すことも想定しての計画であった。
今夏は予てから登りたいと思っていた山、燕岳に登ることにした。せっかくであれば、夕・朝日に照らされる北アルプスの山岳風景を撮影したい。
許すなら2泊ぐらいはしたいものであるが、風呂がない山小屋では女性にはきついものである。
今回は、嫁と長男、3人でトライアルすることにした。
午前5時半に自宅を出発。午前8時過ぎに登山口中房温泉に到着。8:35に登山口を出発した。第1ベンチ、第2ベンチと快調に歩を進める。第3ベンチから富士見ベンチ、合戦小屋まで急登が続く。なまった体に急登はこたえる。さすがに20歳を迎えた長男は元気である。呼吸の乱れもなく、安定した登攀を続ける。登山口を出発した頃は澄み切った青空が見えていたが、高度をかせぐにつれガスが立ち込める。直射日光があたらないだけ、随分ましだ。途中、合戦小屋でスイカを求め、しばし息う。水分補給には最適であるが一切れ800円はいい値段だ。もっともここまではケーブルで荷揚げをしているが、山だからこれだけはしょうがない。800円でも値打ちと思っておこう。

富士見ベンチから合戦沢の頭までは、アルプス三大急登と言われるだけはある。合戦沢の頭手前ぐらいが森林限界である。ここで、ニホンザルの群れに出会う。高瀬渓谷のサルは、高山植物やハイマツの実を求め、槍ヶ岳に登るというが、こちらのサルも夏の味覚を求めて、高山まで登っているようだ。
合戦沢の頭を過ぎたあたりで、一時的にガスが抜け、表銀座の稜線が見える。ほどなくして、眼前に燕山荘が見える。
山荘到着は、12:50分。。昼食をとりながらゆっくり登ってきたが、ほぼ標準コースタイム4時間10分に近い時間だった。あたり一面はガスに覆われ、視界は遮られている。山小屋に入って、まもなくすると雷鳴が響き渡り、激しい雨が降り出した。
600人の収容能力を持つ燕山荘は、水も不自由がなく快適だ。前日は土曜日であったから、超満員だったらしい。夫婦2人組は他夫婦2人組と一緒に4人定員の区画であったが、こちらは親子3人。土曜日ほどの混雑ではなかったので、3人一組での区画を与えてもらうことができた。
窓からは有明山が見渡せ、区画から朝日が望める眺望の良いサイトであった。

日の入りの眺望に期待したいが、不安定な天気が続き、期待薄である。
夕食をとった後に山小屋周辺で待機する。ガスが激しく流れ、俄かに空が耀くなり、水晶岳方面に落ちる太陽が見えはじめた。槍ヶ岳が雲間から顔をのぞかせる。
槍が見えると誰しとなく「槍だ、槍だ」と感動しながら叫ぶ。気がつけば、山小屋から沢山の人が外に出てきている。
ガスで何も見えないよりは、眺望ができただけよしとしなければならない。
オーナーによるホルンや山の話を聞いた後、山小屋は9時に消灯する。
宿泊者は土曜日よりは少ないとはいえ、トップシーズンである。消灯まではにぎやかだった小屋も灯が消えるとともにウソのように静かになる。体は疲れているからすぐに眠りについた。

よく寝たと思い、時間を見てみると、まだ2時であった。
外へ出ると満天の星空だ。槍ヶ岳に向かって、幾筋もの流れ星。バルブで撮影したいところが、電池の消耗を考えると辛抱せざるを得ない。せっかくだから眠っている嫁も起こして、一緒に星空を見つめた。満天の星空、次々に見える流れ星。壮大な宇宙空間にいるひと時を味わうことができた。なんでもこの流星は、この時期に限ってみられた流星群だったことを後のニュースで知った。どうやら、偶然にも貴重な体験ができたようだ。

空が朝焼けになるまでは、もう少し時間がある。これだけの星空であれば、日の出前が楽しみである。もう少しの時間、睡眠をとることにした。

e0056449_2158214.jpg

「燕山荘より夕刻の燕岳を望む」 Nikon D2X AF-S DX17-55/2.8 Photo By CREWCS
# by crewcs77 | 2005-08-07 21:34